2020年 11月 29日 (日)

元AKB48渡辺麻友引退にファンから「まゆゆ、ありがとう」コール 「アイドル道の王道を貫いたね」「潔い感じが素敵ですよ」と称賛の声

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   元AKB48で女優の渡辺麻友さん(26)が1日(2020年6月)、芸能界引退を発表した。所属するプロダクション尾木が公式サイトで、「この度、渡辺麻友より『健康上の理由で芸能活動を続けていくことが難しい』という申し入れがございました」と報告したのだ。

   5月31日に所属契約を終了した。「数年に渡り体調が優れず、これまで協議を重ねて参りましたが、健康上の理由でしたので身体の事を最優先に考え、本人の意思を尊重」したという。

  • 渡辺麻友さん(2017年撮影)
    渡辺麻友さん(2017年撮影)
  • 渡辺麻友さん(2017年撮影)

「どこか普通の子っぽいところがあったから芸能界は向かない」

   渡辺麻友さんは昨年9月まで放送された、NHK連続テレビ小説「なつぞら」に出演。ヒロイン奥原なつ(広瀬すず)と同じアニメ制作チームの三村茜役で存在感を示していた。所属事務所によると、「なつぞら」終了後、休養状態に入っていた。

   渡辺さんは2006年、3期生としてAKB48に加入。2012年にはテレビ東京系「さばドル」でドラマ初主演、ドラマの主題歌「シンクロときめき」でソロデビューを果たした。2014年の「第6回選抜総選挙」で1位を獲得。2017年12月に卒業後は女優として活動していた。

   ネット上で引退を惜しむ声と同時に「今までありがとう。ゆっくり休んで」「第2の人生が幸せでありますように」というエールの声があふれている。

   「アイドルとしてノースキャンダルの正統派を貫いて、なつぞら等でも好演していたから、引退には衝撃を受けた。とにかく今はゆっくりして、健康を取り戻したら、渡辺さんらしくいられる居場所、新しい生き方を見つけてほしい。お疲れさまでした」

   「彼女はどこか普通の子っぽいところがあったから、芸能界のようなおかしな世界は向いていないと思っていた。自分に合った人生を歩いた方がいいです。そういう意味では、本当に『おめでとう!』と言いたいです」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中