2020年 7月 11日 (土)

「M 愛すべき人がいて」礼香の眼帯の謎に猛非難「自分のミスの転落とはガッカリ」「両親のサイコパスぶりがエグイ」「マサ、パワハラ過ぎだよ!」

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   「やっと再開!待ってました!」。平成の歌姫・浜崎あゆみの誕生秘話とエイベックスのプロデューサー松浦勝人氏とのドロドロ不倫劇を描くテレビ朝日のドラマ「M 愛すべき人がいて」がついに 13日(2020年6月)に第4話が再開された。

   新型コロナ禍によって約屋1か月中断してだけに、ネット上では再開を喜ぶ声で大興奮状態だ。だが、期待していた礼香(田中みな実)の眼帯の謎があまりにもチープな理由だったため、「何コレ、散々引っ張ったあげく挙句自分のミスの転倒だったなんて、マサが可哀そう!」という声が殺到した。

  • 田中みな実の狂気の演技(テレビ朝日「M 愛すべき人がいて」の番組ホームページより
    田中みな実の狂気の演技(テレビ朝日「M 愛すべき人がいて」の番組ホームページより
  • 田中みな実の狂気の演技(テレビ朝日「M 愛すべき人がいて」の番組ホームページより

「マサ、なんでこんな地雷オンナを結婚式に呼ぶの」

   物語は、アユ(安斉かれん)のデビュー日が決定、プロジェクトが本格的に動き始める。マサ(三浦翔平)は選りすぐりのスタッフを集めた「チーム・アユ」を結成、10億円も投入してプロモーションを開始。怒鳴り散らしたり、クビにしたりと、「アユをスターにするためなら俺は悪魔になる」というパワハラ全開の強い意志でスタッフを追い込んでいく。

   一方、礼香(田中みな実)はマサに「会ってほしい人がいる」というので行くと、何と礼香の両親がレストランにいた。「マサ君、ありがとう。娘のために離婚してくれたんだってね」。両親は礼香の不倫を知っていたばかりか、ストーカー親的にマサに礼香との結婚圧をかけるのだった。

   マサの期待に応えようと焦るアユだが、レコーディングも失敗続きで、空回り...。スタッフを失望させる。アユが憎くてたまらない礼香は、テレビ局の大物プロデューサーの前で歌う前夜、アユを雪が舞う極寒の屋上に呼び出して外からカギをかけ、凍えさせる嫌がらせの挙にでた。そして、礼香がなぜ眼帯をつけているのかの謎が明らかになるのだった。

   ネット上ではまず、礼香の眼帯の謎に「ガッカリ!」「期待はずれ」の非難が殺到した。単にマサの結婚式に出て、自分の不注意から階段から転げ落ちて尖ったモノに目を突き刺しただけだったからだ。

   「ひえーーー貫通してる!痛々しすぎて怖い」

   「もっとエグいエピソードで目を潰したのかと思っていたら、そんな事故だったのかよ」

   「不倫していてマサの嫁にハサミとかで刺されたんじゃなかったんだ」

   「これマサのせいになる? 単に田中みな実の不注意じゃん。マサ、土下座する必要ないよ」

   「なんでこんな地雷オンナを結婚式に呼んだのか。1か月も秘密引っ張ったわりにはしょーもない事故だった」

   「マサの嫁はどんな心境なんだろ」

   「目が傷つい理由は、勝手に近付いて勝手に落ちただけなのに土下座? 目の周りに尖ったモノ散らかせすぎて先端恐怖症には怖すぎる。田中みな実、体全てのパーツが綺麗だと思っていたけど、指の形は意外と悪いんだなーと変なところが気になってしまった」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中