2020年 11月 24日 (火)

新型コロナでテレビ解説「教授・医師」出演本数ランキング!岡田晴恵さんは2位

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   テレビ番組や出演者などの調査・分析を行う「ニホンモニター」は、NHKと東京キー局の今年上半期(2020年1月1日~6月21日)のタレント番組出演本数ランキングを発表した。最も多かったのは、お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多大吉の282番組で、NHKの朝の情報番組「あさイチ」のキャスター、バラエティー番組の司会など帯番組が多かった。

   2位は立川志らく(267番組) 3位は「オードリー」の 若林正恭(266番組)だった。女性では日本テレビ系「スッキリ」のキャスター近藤春菜(233番組)が5位でベスト10に入った。

トップはワイドショー出ずっぱり二木芳人教授

   今年前半はワイドショーや報道番組で新型コロナウイルスが大きな話題となったが、番組を掛け持ちで出演している医師や研究者などの出演回数のランキングも発表された。誰が多かったのか。

   最も多かったのは昭和大の二木芳人・客員教授で285番組、引っ張りだこの白鴎大の岡田晴恵教授は267番組で2位だった。以下、水野泰孝(グローバルヘルスケアクリニック院長)、松本哲哉(国際医療福祉大学教授)、小林寅喆(東邦大学教授)、寺嶋毅(東京歯科大学市川総合病院教授)、北村義浩(日本医科大学特任教授) 三鴨廣繁(愛知医科大学大学院教授)、堀賢(順天堂大学大学院教授)、久住英二(ナビタスクリニック理事長)、勝田吉彰(関西福祉大学教授)の順だった。1回の出演料は10~20万円として...。つい計算してしまうなあ。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  2. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  3. 「NHK受信料不払いに割増金の罰則」に怒り殺到!「NHKを見ない権利を認めろ」「契約した人だけが見るスクランブル放送に」「受信料の是非を国民投票に」「海外出張中も受信料取られた」
  4. 「ブリが28万匹あまっています。送料無料。4割引で買って」SNSの呼びかけが大人気。番組が高知県の漁協を訪れると...
  5. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中