2020年 11月 28日 (土)

天理大ラグビー部クラスター、寮生活で一気に拡散。古市憲寿「実家で高齢者に広げるよりは安全」?

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   各地で新型コロナウイルスのクラスター(集団感染)が発生している。原因はどこにあるのか。「とくダネ」は2つのケースを検証した。

   まずは、これまでに合計53人の感染が確認された天理大ラグビー部のケースだ。全部員168人のうち、30%が陽性となったが、昭和大学医学部客員教授の二木芳人医師は「感染はおそらく寮生活がメイン(の原因)で、練習ではないでしょう」と言う。

   寮では対策を取りながら、共有の食堂、風呂、トイレなどを使用し、部屋は相部屋で約1畳の部屋に最大4人が生活していた。二木医師は、相部屋で感染拡大したリスクが一番高いと指摘する。「寮での生活は四六時中一緒ですし、会話しないわけにはいかない。ここ(部屋)にいったん持ち込まれると簡単に広がりますし、それ以外の共用部分にも拡大していきます」というのだ。

   社会学者の古市憲寿は「確かに集団生活で感染を防ぐのは難しいが、考え方だと思います。例えば部員が全員実家で暮らしていてそこに高齢者がいる場合と、寮の中で若い世代が集団で暮らしている場合では、相対的に見たら寮生活の方が安全と言えるのではないでしょうか」と指摘した。

ライブハウス「対策よくても出演者の健康管理が一番問題」

tv_20200819115216.jpg

   次のケースは広島市にあるライブハウス「club cream」で8人が感染したクラスターだ。

   この店では検温、消毒、マスク着用、名簿作成、換気などの対策をしており、店の責任者は「ライブハウス運営の見本になれるような感染対策をしたつもりだった」と話している。 二木医師は「お店側の対策としては良くやっています。ただ、少し前の新宿の小劇場のケースを鑑みてみると、換気が十分ではなかった。換気はしっかりやらないと、思っているよりも難しいんです。もう1つは出演者の方の健康管理です。今回も出演者の方の感染者が1番多いので、そこから広がった可能性もあります。楽屋や控室の広さも問題です」と話す。

   デーブ・スペクター(放送プロデューサー)「海外では、感染アドバイザーが店舗やスポーツチームをチェックしたり指示したりすることがマスト条件になっています。そこまでやらないと、やはり盲点はあるものです」

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中