2020年 10月 26日 (月)

新型コロナで電車内の飲食まで目に敵に!番組では「水分補給はしないと熱中症に」「いやいやマナー違反だ」と大激論

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   新型コロナ感染の拡大で、電車内の飲食まで目に敵にされだした。SNSでは「こんなご時世に、マスクなしで電車内でパン食べる女性、ヤバい」「前に立ってるおじさん、マスクなしでお茶飲むのやめて」というような投稿が増えているという。マスクを着けたままでは、パンも食べられないだろうしお茶も飲めないが、要するに、電車で食べたり飲んだりをやめろということらしい。

   電車内でこんな経験をした人もいる。「マスクずらしてお茶飲み始めたら、向かいに座った男性が舌打ちして、降りるまでにらまれ続けました。降りるときも、チッ、チッ、チッとやられました」

専門家「色々触った手で食べると自分が感染しますよ」

tv_20200820112627.jpg

   「グッとラック!」は「電車内の飲食、あなたはどう思いますか」と問いかけたが、キャスターの立川志らくは「この時季だから、水分補給はしないとねえ、それをいちいち......」

   感染症が専門の東邦大の小林寅喆教授に聞くと、「電車の中のいろいろなところを触った手で食べるので、(人にうつすというより)自分が感染するリスクが高いでしょうね」

   中島健太(画家)「食べてほしくないというのはわかりますけど、水分補給はやっていかないと、本当に死んじゃうから」

   志らくは「そっと飲むとかはありますけどね。ねえ、山岸さん」とリモート出演の弁護士の山岸久朗に振ったのだが、いきなり「予定調和」でないことが起きた。山岸は「いやいや、(水分補給も)一切ダメじゃないですか。マナーの問題ですから」と、流れをひっくり返したのだ。スタジオ中が「エエッ!」

   慌てた志らくは「いや、いや、暑くて熱中症になりそうになったら......」と話をつなげようとするが、山岸は「熱中症になりそうったって、電車って1時間も乗らないじゃないですか。降りた時に駅で飲んだらいいじゃないですか」と譲らない。

   志らく「(電車にでも)体調が悪い人が倒れてしまうとかあるでしょう。いまテレビ見ている人からは、『あの弁護士、なに言ってんだ?』と思われていますよ」

   すると、山岸は分が悪いと気づいたのか、「ああ、そうですか。わかりました」と持論をたちまちひっこめた。志らくは「何だい! 弁護士のくせにずいぶん早いな」

   この話題、スタジオと山岸のギクシャクで、図らずも、電車内での飲食を嫌う人が少なくないことを浮き彫りにした。もっとも、山岸は新幹線では大阪・東京の間にワインを1本飲んでしまうのだそうだ。

文   カズキ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中