2020年 9月 21日 (月)

「おじさんはカワイイものがお好き。」大団円ハッピーエンドに「最高!ほっこり!」「好きを好きと素直に言えてよかったね」「続編作って!」と早くもロスの声

エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   眞島秀和主演のドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」(読売テレビ・日本テレビ系)最終話が10日(2020年9月)に放送された。

   お互いに「カワイイものが好き」と素直に言えなかった切なさを、最後は素直に言い合った大団円のハッピーエンドに、ネット上では「なんて最高ドラマなんだ!ほっこり」「キュンキュンしました。もうロスです。続編を作って欲しい!」という声があふれた。

  • パグ太郎と記念撮影(読売テレビの番組公式ツイッターより)
    パグ太郎と記念撮影(読売テレビの番組公式ツイッターより)
  • パグ太郎と記念撮影(読売テレビの番組公式ツイッターより)

「パグ太郎と記念撮影できて良かったですね」

   物語は、「しばらく小路さんと会えないです」というケンタ(今井翼)の言葉がよぎり、心が晴れない小路(眞島秀和)。ケンタへのサプライズにと応募し当選した「パグ太郎ドリームショー先行体験」のCMを見ては切なくなるのだった。

   一方、真純(藤原大祐)の元には、出版社からマンガ家デビューの話がしたいと連絡がくる。真純は鳴戸(桐山漣)に、うれしくも不安な胸の内を明かす。意気消沈の小路は、ケンタにもらったパグ太郎のメガネ拭きをオフィスで落としてしまう。小路が動転していると、鳴戸がそれは自分のものだと申し出る。鳴戸の狙いは何だ? そして「パグ太郎ドリームショー」当日を迎えるのが...という展開だ。

   ネット上ではこんな感動の声があふれた。

   「みんな素直になれて良かった 好きなキャラクターを好き!と言えて、友だちに向かって好きだ!と言えて、見ていると嬉しくなってくる」

「いいコンビやね。一緒に居るときの自分を好きになれる相手って最強! ナイス、ハッピーエンド!決して恋バナではないはずなのに。甘酸っぱい切なさがこみ上げて来る。確かに『好き』はなかなか一筋縄ではいきませんね」

   「終わらないでー、終わらないでー、終わらないでー。もう、ロスが押し寄せている。続編つくってほしい」

「心入れ換えたニュー鳴戸さんも、そのうちネコちゃんからもモテモテになりそうな予感。どいつもこいつもなんでみんなこんなに可愛いの。うちのかわゆい猫ちゃんを鳴戸さんに抱かせてあげたい」

   「ケンタ、ミニチュアハウス持ち込んだのか。うわー、みんなの秘密のホームパーティー見たすぎる!」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中