2020年 9月 18日 (金)

「緑の宝石」シャインマスカットの盗難相次ぐ。どこへ流れるのか? ネットでは堂々と売られているが...

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

   深夜のぶどう園、雨の中1人の男がぶどうの房を切り取る姿が、防犯カメラに映っていた。手際がいい。盗られたのは、緑の宝石と呼ばれるシャインマスカット。たねがなく、皮ごと食べられると人気の果物だ。被害は各地で出ているが、ほとんど捕まっていないのが不思議。ぶどうはどこへ行った?

   映像は6日(2020年9月)、東京都清瀬市のぶどう園。数分の間に15房余りをカゴに入れて持ち去っていたが、1週間前にも8房盗まれたという。1房1000円くらいはする。被害にあった農家は、「年齢は60、70代、身長は170センチ。許せない」というが捕まっていない。

日本の研究チームが33年かけて開発した人気フルーツ

tv_20200911132135.png

   長野県東御市の農園では、列の一つを全部盗っていった。「大体160房くらい。軽トラ1台分くらいかな」という。盗まれたのは、シャインマスカットだけだった。同県内では今週、2件の泥棒が逮捕された。

   シャインマスカットは、爽やかな味と、種がなく皮ごと食べられるので、市場の取扱量が8年で8倍になった人気フルーツ。今年は日照りが多く、出回る数が少なかったが、「出したらすぐ売れる」という。

   日本の研究チームが、33年かけて開発したといい、2006年に新種登録された。皮を向かなくていいというのは画期的だった。

   吉永みち子(編集者)「農作物って、物凄い時間をかけて作るものだから、(盗むなんて)許しがたい」

   しかし、一体どこへいくのか。意外や、ITジャーナリストの三上洋さんが、「簡単に扱える量ではないので、ネットオークションやフリマアプリで販売されている可能性がある」という。

   調べてみると、結構あって、1房600円とか6房1000円など、市価の半額くらいで出ているものがある。もちろん農家が傷物を出しているのもあるというが。

   ヤンヤン

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中