2020年 10月 30日 (金)

クラスター震源地として槍玉にあがった歌舞伎町の今 新宿区長が「感染対策に日本一力を入れている繁華街」と自負するワケは?

エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   新型コロナウイルス感染が東京に急速に広がった今年夏(2020年)、感染震源地としてやり玉に挙がったのが新宿・歌舞伎町だった。小池百合子東京都知事も「夜の街」は危ないと名指しし、ホストクラブやキャバクラばかりでなく、料理店、居酒屋などの客足もばったり途絶えた。感染対策を徹底して営業を続けても、存続の危機に追い込まれる店が多い。

   武田真一キャスターは「8月の1か月間、私たちはこの街にカメラを入れ、ここで働き、暮らす人たちの声に耳を傾けました」とリポートした。

  • 日本一の繁華街・歌舞伎町(NHKの番組ホームページより)
    日本一の繁華街・歌舞伎町(NHKの番組ホームページより)
  • 日本一の繁華街・歌舞伎町(NHKの番組ホームページより)

最古参ホストクラブは店内全体を抗菌コーティング

   50年の歴史を持ち、歌舞伎町でも最古参のホストクラブ「愛 本店」は、入居するビルの老朽化のため移転したが、これを機に店の規模を縮小した。新しい店で最も力を入れているのは、感染対策だ。換気をするためのサーキュレーターを何台も設置し、店内全体を抗菌コーティングした。それでも、客足は鈍い。内勤スタッフのはなさんは「ホント、八方ふさがりなんです」と、ちょっとあきらめ顔だ。

   夜の街のマイナスイメージはさまざまな業種に広がっている。24時間営業の生花店は「花の売り上げは、最悪のときは9割減です。(歌舞伎町は)もともと悪いイメージが強いせいで、(感染源のように)言われちゃったのかなあ」と嘆く。老舗居酒屋はクロ現+が取材している最中に電話が鳴り、この日のただ1組の予約客にキャンセルされてしまった。

   しかし、歌舞伎町は現在では感染震源地ではまったくない。新宿区役所で開かれている飲食関連の経営者の勉強会で、新宿保健所の高橋郁美所長は「ホストクラブさんの感染者は減っていると思っています。むしろ、会社員の方とか、家族の感染、高齢施設で多い状況です」と報告している。管内の飲食業関連の1か月間の感染は、7月は494人と多かったが、8月は51人に激減した。吉住健一新宿区長も「感染対策に日本一力を入れている繁華街」と自負する。

文   カズキ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中