2020年 11月 27日 (金)

長渕剛が病院屋上で医療従事者に歌でエールとは...医師や看護師を集めて拘束し、本当に励ましているのだろうか
<うたコン>(NHK総合)

   「2階席3階席のみなさ~ん、『うたコン』へようこそ~」という谷原章介の挨拶でスタートした「うたコン」。「7か月半ぶりに皆様をお迎えすることが出来ました~」とNHKの赤木野々花アナも続ける。
   舞台側のカメラからの映像はというと、1階席には誰もおらず、2階席、3階席の観客もまばら。抽選だかなんだか知らないが、この観覧の権利を引き当てた人たちは相当な強運の持ち主では!?
   「おかえりなさいお客様」と題したこの日の「うたコン」は、清塚信也のピアノ演奏に合わせて、石川さゆりとJUJUが石川の「ウイスキーがお好きでしょ」をデュエット、続けて石川が「津軽海峡・冬景色」を歌った。ラストの部分では紙吹雪が舞うという大掛かりな演出。
   その後、「紅白歌合戦」では毎回、けん玉チャレンジをさせられている三山ひろしが登場。5年間、新聞配達をしていたということで、山田太郎とともに「新聞少年」をデュエット。ほかに、おかゆ「五番街のマリー」、島津亜矢「海鳴りの歌」、そして、ジャニーズからはSnow Manが少年隊の「まいったネ 今夜」を華麗に歌って舞う。
   と、ここまではよかったのだが、そのあと、「長渕剛が医療従事者に歌でエール」という企画で新宿の病院屋上で、医療関係者を前に熱唱しているのだが、医師や看護師を屋上に集めて拘束し、長渕の歌を聴かせるのが本当にエールになっているのかどうか疑問だ。3.11の時に被災地に巨大な自作絵を寄贈した工藤静香のことを想い出した。(放送10月13日19時57分~)

(白蘭)

採点:0
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中