2020年 11月 27日 (金)

新幹線の感染リスクを徹底調査!「GoTo」で旅行や帰省したいけど...コロナ禍の長距離移動は大丈夫だろうか? 

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   きょう26日(2020年10月)のあさイチは「withコロナ生活のモヤモヤ」がテーマだった。

   「Go To トラベルキャンペーン」が始まり、旅行や帰省を考える人も増えてきただろうが、まだ長距離移動に二の足を踏んでしまう人も少なくないだろう。旅行ジャーナリストの村田和子さんの出張に同行し、他の乗客と長時間一緒に乗る新幹線の感染リスクを考えた。

ネット予約なら車両の混み具合の確認も簡単、空いてる座席に変更もOK

   村田さんが出発前に必ず確認するのが、予約した座席周辺の混み具合だ。席をネット予約すれば手軽に車両の混み具合が確認でき、きっぷを受け取るまでに座席変更できる場合もある。JR西日本によると、窓口できっぷを買う際も希望すれば比較的空いている席から案内してもらえるという。

   村田さんの旅は10月5日の午前、新横浜駅からスタートだ。「1つのホームに1か所ですかね、開いている売店は」(村田さん)ホームが密にならないよう、営業する売店を減らしているようだ。

   村田さんはのぞみに乗車し、岡山駅へ。車内の様子は、「2人がけ、3人がけの席に1人いるかいないかという感じで、隣に知らない方が座るという状況では今はないですね。マスクは全員着けています」(村田さん)。

   村田さんが座る指定席車両では、新神戸―岡山間では埋まっている座席が2割弱。同じ区間で自由席車両は半分以上埋まっていたが、乗客は全員マスクを着け静かな印象だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中