2020年 11月 27日 (金)

伊藤健太郎容疑者に有名人が残念コール!フワちゃん「被害者は逃げる姿をいたたまれない思いで見たよ」アンガ田中「追いかけてきた人に感謝して」小倉智昭「天狗になっていた」坂上忍「僕の若い頃よりまし」市川海老蔵「何か悲しい」

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   人気俳優の伊藤健太郎容疑者が「ひき逃げ」で逮捕された事件は、芸能界に大きな衝撃を与えた。29日~30日のテレビの情報番組はこの話題であふれた。

   各番組のコメンテーターや芸能人はこの事件にどんな意見を寄せただろうか。

   「グッとラック」(TBS)では、今年5月に原付バイクを運転中、クルマにはねられた経験があるYouTube芸人のフワちゃんがこう語った。「事故に遭った側は怖い思いをします。自分にぶつけた車が逃げていくのを見た(バイクに乗っていた)2人の気持ちは、いたたまれない思いだったでしょうね」

  • マルハニチロが中止した伊藤容疑者のキャンペーン
    マルハニチロが中止した伊藤容疑者のキャンペーン
  • マルハニチロが中止した伊藤容疑者のキャンペーン

田村淳「保身の思いが先にきてしまったのが残念」

   ロンブー・田村淳も「誰が見てもおかしな状況だと思う。パニックになったという理由は通用しない。保身の思いが先にきてしまったのが残念です」

   司会の立川志らく「事故を起こしたら、まず被害者は大丈夫かと思うのが人の心だ。それがなかった」

   「スッキリ」(日本テレビ)では司会の加藤浩次が驚きを語った。「一報を聞いたとき、なんで?って。なんで止まらないの?救急車を呼んで人命救助すれば全然違ったのに。事故を、自分で事件にしちゃった」

   「とくダネ!」(フジテレビ)では、司会の小倉智昭は伊藤容疑者が「天狗になっていたのでは」とこう指摘した。

   「3年間、共に歩んできた女性マネジャーが彼をここまで引き上げたのだと思う。それは彼自身の力じゃなくて、そのマネジャーも一緒になって現在の立場を築いたのだけど、そのマネジャーがあまりにも口うるさくて、自分のやることにいちいちクレームをしてきたりするのが疎ましくなって、彼は彼女から離れて元いた事務所に戻った。ちょっと天狗になっていたんじゃないの?」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中