2021年 9月 22日 (水)

「#リモラブ」に今秋最高ドラマと称賛の声!「波瑠&松下洸平かくれんぼ濃厚接触にドキドキ」「キュンキュン癒される」「大きな目の波瑠だからマスクでコメディーできる」「松下洸平、スカーレットの時よりカッコいいよ」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   波瑠が主演のドラマ「#リモラブ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ系)の第5話が11日(2020年11月)に放送された。恋愛をさぼってきた"おひとりさま"の産業医・美々(波瑠)が、SNS上で知り合った顔も名前も分からない「檸檬」(れもん)=実は同じ会社の同僚・青林(松下洸平)=に恋をするラブコメディーだ。

  • かくれんぼのクローゼット内で濃厚接触する2人(日本テレビの番組公式サイトより)
    かくれんぼのクローゼット内で濃厚接触する2人(日本テレビの番組公式サイトより)
  • かくれんぼのクローゼット内で濃厚接触する2人(日本テレビの番組公式サイトより)

「美々先生のホクロをゴミと間違えて取ろうとする青ちゃんに大爆笑」

   今回は、美々と青林がクローゼットの中で急接近する展開となり、ネット上ではクローゼットの中のかくれんぼってキュンキュンドキドキ!」「美々先生と青林が可愛い!」「美々先生のホクロをゴミと間違えて取ろうとする青ちゃんに大爆笑」と称賛の声が相次いだ。

   ドラマは、「檸檬」の正体が青林と意識しながら、自分が「草モチ」であることを言い出せず、自身の恋心に戸惑う美々の様子が描かれた。そんな中、朝鳴(及川光博)の息子を美々の家で預かることに。しかし、そこに来るはずの五文字(間宮祥太朗)の代わりにやって来たのは青林で...。

   放送中、SNS上には、「毎回見ながらニヤけてしまう」「青ちゃんがめちゃ鈍感なのがいい」「五文字くん推しだったんだけど、可能性ないのか...」「五文字くんが優し過ぎて泣ける」どの感想が上がった。

   ネット上ではこんな反響の声が寄せられた。

   「いや~、かくれんぼの破壊力!最高です。ゲームで片思いの人とクローゼットに入るなんてドッキドキ、なんか若い頃思い出すな~(遠い目)。草モチさんおばあちゃん説、笑った。おばあちゃんでも、もはや掛けがいのない人って青ちゃん可愛すぎ。五文字君の優しさに泣けました、いい男だね。産業医なので怖くて正体が言えない美々、五文字の橋渡しを無駄には出来ない、頑張って!」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中