2020年 11月 26日 (木)

「#リモラブ」に今秋最高ドラマと称賛の声!「波瑠&松下洸平かくれんぼ濃厚接触にドキドキ」「キュンキュン癒される」「大きな目の波瑠だからマスクでコメディーできる」「松下洸平、スカーレットの時よりカッコいいよ」

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   波瑠が主演のドラマ「#リモラブ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ系)の第5話が11日(2020年11月)に放送された。恋愛をさぼってきた"おひとりさま"の産業医・美々(波瑠)が、SNS上で知り合った顔も名前も分からない「檸檬」(れもん)=実は同じ会社の同僚・青林(松下洸平)=に恋をするラブコメディーだ。

  • かくれんぼのクローゼット内で濃厚接触する2人(日本テレビの番組公式サイトより)
    かくれんぼのクローゼット内で濃厚接触する2人(日本テレビの番組公式サイトより)
  • かくれんぼのクローゼット内で濃厚接触する2人(日本テレビの番組公式サイトより)

「美々先生のホクロをゴミと間違えて取ろうとする青ちゃんに大爆笑」

   今回は、美々と青林がクローゼットの中で急接近する展開となり、ネット上ではクローゼットの中のかくれんぼってキュンキュンドキドキ!」「美々先生と青林が可愛い!」「美々先生のホクロをゴミと間違えて取ろうとする青ちゃんに大爆笑」と称賛の声が相次いだ。

   ドラマは、「檸檬」の正体が青林と意識しながら、自分が「草モチ」であることを言い出せず、自身の恋心に戸惑う美々の様子が描かれた。そんな中、朝鳴(及川光博)の息子を美々の家で預かることに。しかし、そこに来るはずの五文字(間宮祥太朗)の代わりにやって来たのは青林で...。

   放送中、SNS上には、「毎回見ながらニヤけてしまう」「青ちゃんがめちゃ鈍感なのがいい」「五文字くん推しだったんだけど、可能性ないのか...」「五文字くんが優し過ぎて泣ける」どの感想が上がった。

   ネット上ではこんな反響の声が寄せられた。

   「いや~、かくれんぼの破壊力!最高です。ゲームで片思いの人とクローゼットに入るなんてドッキドキ、なんか若い頃思い出すな~(遠い目)。草モチさんおばあちゃん説、笑った。おばあちゃんでも、もはや掛けがいのない人って青ちゃん可愛すぎ。五文字君の優しさに泣けました、いい男だね。産業医なので怖くて正体が言えない美々、五文字の橋渡しを無駄には出来ない、頑張って!」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中