2020年 11月 26日 (木)

珍しいもの、映像つきでSNS投稿するのは危険! 空き巣やストーカーに個人情報つつぬけで、標的になってしまうぞ!

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   板倉朋希アナが「自宅の玄関前に、クワガタやカエルがいたらご注意ください」なんて言う。そんなものがいるはずないと思うだろうが、それがいるのだ。「ショーアップ↑」コーナーで取り上げたのは、ストーカーや空き巣の新たな手口だった。

   「こんな季節なのに、玄関前にクワガタいた!」「ミヤマクワガタがいたから助けてやった」「帰宅したらマンションの玄関前にこんなのが...」と、映像付きのツイート投稿が相次いでいる。なかには、カエルがいた、カニが置いてあった、刺身の切り身が...というのもある。

   板倉「あり得ないものがあると、思わずSNS投稿したくなりますが、投稿すると、仕掛けた不審者は『ツイッター、玄関、クワガタ』で検索をかけ、アカウントを特定されてしまいます。いったん特定されると、ツイッターをすべて覗かれ、個人情報はつつぬけ」

何気ない日常の投稿も、一人暮らしか留守なのか、わかってしまう

tv_20201118123241.jpg

   例えば、「帰宅なう」という投稿から帰宅時間、「事故で電車遅れてる」からはいつも利用する路線、「同僚とランチ」では勤務先、「きょうから旅行です」で留守がバレるという具合だ。住人は一人暮らしか家族がいるのか、男性なのか女性なのか、何歳ぐらいか、何時ころが留守かなど、生活パターンが一目瞭然である。

   埼玉県警の元刑事・佐々木成三さんは「ツイートしたくなるような意図的な小細工は仕掛けですから、空き巣やストーカーにつながる可能性が大きい」と注意を呼びかける。浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)は「SNSでどこまで個人が特定できるかを研究している大学の先生によると、ほぼ9割ぐらいはわかるというとです」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「それにしても、いま帰宅したとか、旅行行くとか、なんでいちいちツイートするのかな。それがわからない」

   司会の羽鳥慎一「直接言う人がいないということなんでしょうね。クワガタにはご注意を」

文   カズキ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中