2021年 3月 5日 (金)

肩こりは「つまんでゆらゆら」で改善! マスク生活で固くなった脂肪の下の『ファシア』をほぐそう?

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   コロナの影響で外出する機会が減り、体があまり動かせていないという人は少なくないだろう。

   古野晶子アナウンサー「そんなあなたに是非知っておいてほしい言葉。それは『ファシア』です」

   ファシアとは、皮ふや脂肪、筋肉などの間に存在する組織だ。筋肉や臓器、血管、骨など、いろいろな器官を包んでいる。

   このファシアが、最近の研究でさまざまな役割を果たしていることがわかった。その一つが「体をなめらかに動かす」。組織と組織を柔軟につなぎ止める働きがあり、筋肉をなめらかに動かすためには欠かせないものなのだ。

   体がなまるとファシアが固くなり、肩こりや腰痛の原因になるが、実は「マスク生活」もファシアを固くする一因だという。桐蔭横浜大学教授で理学療法士の成田崇矢さんが解説する。

   「マスクをすることによって、ずっと圧迫されている状態になります。圧迫刺激というのがファシアの動きを悪くするひとつの原因なんです。マスクをずっとしていると後ろの皮ふが動かなくなるんです」

ハリを感じた場所の皮膚をつまんで、1か所1~2秒ゆらゆらするだけでOK

   固くなったファシアは誰でも簡単にほぐすことができるという。成田さんが方法を教えた。

   頭を前後左右に倒したり、左右を向いたりした時に痛みやハリを感じた場所の皮ふを、痛気持ちいいくらいの強さでつまんで1~2秒ゆらゆらする。痛みを感じる場所がだんだん変わってくるので、それを追いかけていくイメージで30秒~1分程度つまんでゆらゆらしていくだけでOKだ。

   この時つまんでいるのは、「脂肪層」という皮ふのすぐ下にある部分だ。硬くなったファシアは脂肪層のすぐ下にあり、脂肪層を引っぱることで動きが悪くなったファシアも引っぱられてほぐれる。

   凝り固まりすぎて皮ふをつまめない場合は、「(痛む部分周辺の)柔らかいところからだんだん攻めていってください。つまめるところから動かし、近付いていくと(固いところも)つまめるようになります」(成田さん)

   古野アナ「ねんざや打撲、ヘルニアがある方は、ファシアゆらゆらをするとむしろ逆効果になってしまうので、注意してください」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中