2021年 3月 4日 (木)

NHK山口百恵「伝説のラストコンサート」に感動の嵐!「本当に神々しい!圧倒的なオーラ・存在感」「最後にマイクをステージに置くカッコよさ!こんな歌手、もう二度と出ない」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

    山口百恵さん最後のコンサートを映像化した「伝説のコンサート"山口百恵1980.10.5日本武道館"」が1月30日(2021年)、NHKで放送されたが、ネット上では、「もう言葉も出ないくらい感動、感激、感涙した!」「最後にマイクをステージに置いた姿のカッコよさ!こんな歌手、もう二度と出ないだろうな」と興奮の渦に包まれた。

   昨年10月に、BSプレミアムで同コンサートの特集番組を放送したが、大きな反響が寄せられた。特にリアルタイムで山口百恵さんを聞いたことのない若い世代に「よく街で聞くあの曲は百恵さんの曲だったのか!」と当時の楽曲に新鮮な感動をもった人が多く、再放送の希望がNHKに殺到していた。

  • 「伝説のコンサート
    「伝説のコンサート"山口百恵1980.10.5日本武道館"」((C)NHK)
  • 「伝説のコンサート

「最後は顔がガラリと変わり、やり切ったという表情が印象的」

   ネット上ではこんな「ありがとう!」コールが起こっている。

   「素晴らしい、凄い!最後はとうとう男泣き、自分でも驚くほど感動しました」

   「本当に神々しい。圧倒的なオーラ・存在感と透明感。大スター"山口百恵"さんは永遠に!」

   「ラストのマイクを置く前くらいから顔がガラッと変わり、本当にやり切ったと言う表情が印象的でした。最後振り返った時、笑顔じゃなく、手を振ったりしないのがカッコ良すぎた。こんな人もう出てこない。素晴らしかったです」

同世代からこんなエールの声が。

   「同年代なので...タイムスリップした様で...大いに泣き...大いに感動し...大いに魅了され...永遠のスターです!思い出をありがとう!」

   「録画で鑑賞したが、前半『愛の嵐』あたりで、凄すぎの歌唱力に圧倒され、一時休憩中(笑)。当時大学生だったけど、これまでの日本歌謡界見渡しても匹敵する歌手って見当たらないな、ポップス全体まで広げても中島みゆきくらいでしょ。海外ではホイットニー・ヒューストンかな。曲の合間の語りも21歳とは思えぬ深みがあり、横須賀の思い出が彼女を支えた宇崎&阿木コンビのヒットメドレーを盛り上げる。序盤の名曲『絶対絶命』で、『さあさ、さあさ、はっきりかたをつけてよ!』とあの眉間しわ寄せで画面から睨まれた時には椅子から転げ落ちそうになったわ。半沢直樹の『わびろ、わびろ』なんて目じゃないよ」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中