2021年 9月 18日 (土)

「おじさまと猫」に胸キュン号泣する人続出!「ぬいぐるみなのに本物の猫以上に可愛すぎる」「草刈正雄さんのお優しい眼差がステキ」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   インターネットで話題の桜井海さんによる同名人気コミックを原作に、おじさまと猫との日々をハートフルに描くテレビ東京系ドラマ「おじさまと猫」に号泣する人が続出している。

   主人公は、草刈正雄演じる「おじさま」こと神田冬樹。世界的ピアニストだったが、妻に先立たれてふさぎ込む日々を過ごしていた。ある日、ペットショップで売れ残っていた一匹の猫と運命の出会いをし、「ふくまる」(声・神木隆之介)と名付けて飼うことに。そこからおじさまとふくまるとのハートウォーミングな物語が始まる。特に劇的な展開があるわけではなく、犬好きの親友の小林夏人(升毅)やピアノ教室の人々らの交流などを淡々と描いていく。

  • パパさんとふくまる(テレビ東京の公式サイトより)
    パパさんとふくまる(テレビ東京の公式サイトより)
  • パパさんとふくまる(テレビ東京の公式サイトより)

「ふくまる」のぬいぐるみをぜひ売ってください

   ふくまるはブサイクな猫。売れ残り期限の1年を迎えようとしていた。自分はもう誰かに愛されることなどないと諦めていた。そんな時に「おじさま」と出会い、「パパさん」と心の底から慕うようになる。コミックでは、そんなふくまるのなんとも言えない表情が堪らなく、愛おしさがこみ上げてくるのだが、ドラマではなんと、ぬいぐるみを使うという大冒険に打って出て大成功した。

   原作者の桜井海さんが「本物の猫を使うと、出番が多いので猫にストレスがかかる」と心配したからだという。なんと優しくて、いい話ではないか。ネット上では「ふくまるのぬいぐるみをぜひ売ってほしい」という声が殺到している。

   「最初は、おじさんとぬいぐるみ?と思っていたが、観ているうちにドラマに引き込まれている自分がいました。草刈さんのお優しい眼差しとお声、そしてふくまるくんの目の動きや顔の表情もよくて。本物の猫のストレスを鑑み、ぬいぐるみ使用になさったとの事。そのお気持ちが嬉しい。ふくまるくんが、もう可愛くて、可愛くてたまらない。お留守番の話、観ているこちらもウルウルでした。我が家の猫たちも愛おしくて、愛おしくて。ただいま〜と帰ると出迎えて待っていてくれる猫たち。やっぱり嬉しいです」

   「ふくまるがぬいぐるみと知り、草刈正雄さんになんてことさせるんだ!と驚きましたが、実際始まると草刈さんの演技がやはりすごい。憂いてる顔や不安な気持ち、喜びなどを自然に表現される。また神木さんのネコ語、舌を噛まないのかなと思うくらい難易度高いです。しかも早口。ふくまるのぬいぐるみがめっちゃ可愛くて欲しいです!!キーチェーンとかも発売されないかな」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中