2021年 2月 28日 (日)

「天国と地獄」謎解きが最高潮に!「黒幕は陸の師匠、実行犯は陸」「日高はXを追う掃除屋」「東朔也は望月彩子か」「ラブレターは少年同士?」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   綾瀬はるかと高橋一生がW主演のドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」(TBS系)第6話が2月21日(2021年)に放送され、綾瀬演じる彩子(魂・日高)が、次のターゲットを襲撃しながらも殺害に到らなかった展開に、ネットでは「殺さなくてよかった」という安堵の声とともに、謎解きが最高潮に達している。

   物語は、八巻(溝端淳平)は九十九(中尾明慶)の証言から、日高が新月の日に人を殺す共通点があることを知る。その日は新月だった。日高(魂・彩子・高橋一生)と八巻は、彩子(魂・日高・綾瀬はるか)の次のターゲットを突き止めて犯行を未然に防ごうとする。そして、コインロッカー内の荷物から次のターゲットと推測して張り込みをする。

  • ターゲットを襲う彩子(魂・日高)だが…(TBSの公式サイトより)
    ターゲットを襲う彩子(魂・日高)だが…(TBSの公式サイトより)
  • ターゲットを襲う彩子(魂・日高)だが…(TBSの公式サイトより)

なぜかターゲットを襲いながら殺さなかった日高

   しかし、その前に彩子(魂・日高)は掃除業者を装って警備会社の取締役・久米(菅田俊)の豪邸に潜入していた。彩子(魂・日高)は、久米夫妻が寝静まるのを待って2人を手にかける。そして早朝、久米邸から脱出する彩子(魂・日高)を目撃した日高(魂・彩子)は殺人を防げなかったことに絶望するが、なんと久米夫妻が生きており、ウォーキングの出かけるところだった。

   今回、新たに次のことが明らかになった。真犯人らしき人物が「クウシュウゴウ」と名乗る男性「十和田元」であること。十和田が既に自殺していること。「クウシュウゴウ」は数学の「空集合」で、記号が殺人現場に残った「φ」であること。「十和田元」は『暗闇の清掃人φ』という漫画を持っていたこと。そして日高は以前、「東朔也」(あずまさくや)という名前を名乗っていたことだ。

   ネット上ではこんな「謎解き」の大興奮が起こっている。

   まず、犯人=望月彩子説。

   「犯人は望月彩子かな。自らは気づかず殺人している。彩子の中に誰かがいて、今の日高の中にも彩子がいる。第一話で、寝坊してマスクを忘れて電車通勤。前夜遅くまで殺人?今回は八巻と張り込んでいたからに殺人に行けなかった。全部無意識に別の人格が行動している?夢遊病のように何の記憶もないしで」

   「ここまでくると、絶対に無いだろうな、という筋書きの方が浮かんでくる。 これは望月彩子の精神世界。望月彩子は主人格。主人格が崩壊しないよう他人格の総まとめ役をするのが日高。時には何番目かの人格を消すことも。けど日高にもツインの副人格あり。他人格の中でも主人格と日高の人格を支える役に陸。どちらの為にも消える運命を持つ役。これだと誰が何人出てきても、どんなに新顔が出てきてその度何が起きても不思議はなくなる」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中