2021年 10月 21日 (木)

「24JAPAN」栗山千明が内通者に衝撃と疑問の声!「妻と娘を殺す機会はいくらでもあった」「結局、バカ母娘を助ける為に大量殺戮が行われたドラマ?」「ラストはバッド&ハッピーのどちらだ?」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   唐沢寿明主演、仲間由紀恵、栗山千明共演のテレビ朝日系ドラマ「24JAPAN」(全24話)の23話が3月18日(2020年)に放送され、"内通者"の正体がA班チーフ・水石伊月(栗山千明)と明かされ、ネット上は「マジかよ」「ショックが大きすぎる」など驚きの声があがった。

   同ドラマはテレビ朝日の開局60周年記念として企画され、米国の「24 TWENTY FOUR」シーズン1をリメイクしたもの。しかし、本家に比べスケールが小さく、「本家の迫力、緊張感にはかなわない」「テロが日常茶飯事の米国の設定を日本に持ち込んだのが無理」との批判もあった。しかし、コンスタントに見続けるファンも多く、山場に来てがぜん盛り上がった形だ。

  • 獅堂が最も信頼を寄せる水石チーフ(栗山千明)が内通者とは(テレビ朝日の公式サイトより)
    獅堂が最も信頼を寄せる水石チーフ(栗山千明)が内通者とは(テレビ朝日の公式サイトより)
  • 獅堂が最も信頼を寄せる水石チーフ(栗山千明)が内通者とは(テレビ朝日の公式サイトより)

「水石が内通者とはショック。私はマイロだと思っていた」

   物語は、テロ組織の総元締、ビクター・林(竜雷太)に拉致された獅堂現馬(唐沢寿明)は、総選挙に勝利した日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の元に行き、「この11時30分にこの電話に出るよう伝えろ」と携帯電話を持たされる。娘の美有(桜田ひより)を人質にとられた獅堂は仕方なく、朝倉麗に会い、携帯電話を渡す。携帯電話にビクターから着信が...。「おかしい!」。とっさの判断で獅堂は携帯を遠くに放つ。その瞬間、大爆発が。間一髪で全員の命は助かった。

   娘の命を救うために、獅堂は朝倉麗が死んだとマスコミに発表。真実を伏せてビクター・林らテロ組織グループが隠れている工場に単身乗り込む。そこに待つビクターの長男、アンドレ・林(村上淳)の元に「ルナ」と名乗る女から電話がかかってくる。その女の横顔はCTU第1支部A班チーフの水石伊月(栗山千明)だった......。

   獅堂が最も信頼を寄せて、かつては恋人だった水石の裏切りに、ネットでは「水石チーフかぁぁぁ」「マジかよ、ショックが大きすぎる」という驚きの声と、「しかし、辻褄が合わない」とのツッコミの声が上がった。ただし、オリジナルでも栗山千明役に該当するニーナが最後に裏切る大どんでん返しが見せ場だから、本家を見た人なら先刻承知だ。問題は水石が「あの凶行」を仕出かすかどうかに関心が集まっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中