2021年 7月 29日 (木)

「おじさまと猫」感動のラストに「ふくまるロス」の声!「神田と日比野のセッション素晴らしい」「ぬいぐるみでこんなに泣くとは」「神田さん、復帰コンサートおめでとう」「ふくまるの声は人々の心の叫びを代弁している」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   草刈正雄主演のドラマ「おじさまと猫」(テレビ東京系)の最終回が3月24日(2021年)に放送され、ネット上では「完璧なラスト!」「癒しの時間ありがとう」「ふくまるロスになりそう」と感動の渦に包まれた。早くも「続編お願いします」「時々、神田先生とふくまるの映像流して」との声が起こっている。

  • ふくまると仲間たち(テレビ東京の公式サイトより)
    ふくまると仲間たち(テレビ東京の公式サイトより)
  • ふくまると仲間たち(テレビ東京の公式サイトより)

「いくらでも合わしてやるよ!」ヒビノンが頼もしい

   物語は、神田と再会して無事に帰ってきたふくまる(神木隆之介)だが、安心しながらも孤独に過ごした日々がふとこみ上げ、泣き出してしまう。そんなふくまるに神田(草刈正雄)はそっと寄り添う。神田の元には、ふくまるを一緒に探してくれた仲間たちから続々と連絡が来る。森山(小関裕太)からも「今日はふくちゃんと一緒にいてあげてください。僕のライブには来なくていいですよっ!」というメッセージが。

   しかし、ライブに行くと約束していた神田は悩む。ふくまると一緒にいたいが、森山のライブも見に行きたい。ふくまるにお留守番を頼んでライブに向かうと、森山が一人きりでステージに立ち尽くし、罵声を浴びせられていた。ほかのメンバーにすっぽかされて、歌えないままに突っ立っていたのだ。

   神田はステージで演奏すると倒れてしまうが、覚悟を決めてステージに上がった。神田に続いて日比野(平山浩行)も。神田のキーボード、日比野のギター。素晴らしいセッションに支えられて、森山のライブは大成功に終わった。打ちあげパーティーは神田の家で。ふくまると仲間たちがご対面。パパさんとふくまるの生活がずっと続き、そして1年後に...というラストだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中