2021年 4月 23日 (金)

大谷翔平、「漫画みたい」な大活躍 「松井と田中が一人の中に」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   大リーグ・エンゼルスの大谷翔平(26)が5日(2021年4月、日本時間)、「投手・2番」で先発。1回裏の打席の初球。センター右に、飛距離が137メートルの特大ホームランを打った。ネットでは、その迫力に圧倒されてか、「ボールは完全に破壊された」といった投稿も。

  • 大谷翔平選手(編集部撮影)の更なる活躍に期待の声が。
    大谷翔平選手(編集部撮影)の更なる活躍に期待の声が。
  • 大谷翔平選手(編集部撮影)の更なる活躍に期待の声が。

接触シーンもあったが、「問題ないと思います」

   投げては、7三振を奪う好投。最高時速は自身最速タイの163キロを記録した。現地メディアは、「松井(秀喜)と田中(将大)が一人の中にいる」と絶賛、球場は「レッツゴー、ショーヘイ」の声援がこだました。「先発投手で2番」は大リーグでは118年ぶり。大谷は「打席よりマウンドの方が緊張するものだと、きょう改めて感じましたね」と試合後の会見で語った。

   実況中継は「これを見ている日本のファンにとって、どれだけ特別なことでしょう。松井と田中が一人の中に存在するという特別なことだ」、(打球音)「この音を聞いてどこまで飛んでいるか見てください」

   ただ、勝利投手の権利がかかった5回表。エンゼルスが3対1のリードで迎えたが、大谷は、2アウト2、3塁のピンチに追い込まれた。カウント2-3からのひざ元に落ちるスプリットに左打者は空振り三振。打ち取ったかに見えたが、捕手がボールを後逸。振り逃げで走る打者を刺そうと一塁送球するが、これまたワンバウンド。一塁手のグラブ下を通過した球をカバーした二塁手が、本塁ベースカバーに入った大谷投手に送球するも、これまた暴投。二塁ランナーも生還して3-3の同点に。走者と交錯して転倒した大谷は、大事をとって降板。3年ぶりの勝ち星を逃した。しかし、チームは最終回のサヨナラホームランで勝利した。

   「接触」について、大谷は試合後の会見で、「問題ないと思います。最初は衝撃があったので微妙でしたが、時間がたてば、そこまでではない」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中