2021年 7月 31日 (土)

マウスシールド登壇にヤジ 国会はマスクでないと不謹慎?

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   番組冒頭の「最新ニュースHOTワードランキング」でMCの谷原章介が注目したのは、「マスクシールド登壇にヤジ」というニュース。

   8日(2021年4月)の衆院本会議で、自民党の渡嘉敷奈緒美・厚生労働委員長が透明なマウスシールドのみを着用して委員長報告を行うと、議場は「マスクをつけろ~!」などのヤジで騒然とした。ヤジは渡嘉敷議員が演説を終えるまで執拗に続いた。

  • 衆議院インターネット審議中継サイトの動画(4月8日、本会議)より。
    衆議院インターネット審議中継サイトの動画(4月8日、本会議)より。
  • 衆議院インターネット審議中継サイトの動画(4月8日、本会議)より。

「国会らしい出来事ですね」

   続いて演壇に立ったのはマスクをした立憲民主党の中島克仁議員。さっそく渡嘉敷議員に対して「感染拡大が現実的なものとなり、国民に対策の徹底を求めるなか、誤ったメッセージになりかねない。きわめて不謹慎だ」と痛切に批判した。

   このニュースを紹介したVTR映像が終わると、永島優美アナは「渡嘉敷議員が登壇を終えるまでヤジは続きました」と説明した。

   フジテレビ解説委員の風間晋は「国会らしい出来事ですね。国会の議場は広いので、マスクかフェイスシールドかでどれだけ意味があるのかないのかという問題はありますが、批判は出るんでしょうね」とコメント。

   谷原は「フェイスシールドよりマスク、しかも不織布のほうがいいとされていますからね」と指摘して、渡嘉敷議員のフェイスマスクはもちろん、風間の甘めのコメントにも釘を刺した形となった。

(バルバス)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中