2021年 8月 3日 (火)

ワクチン感染予防効果「低下」は何故? イスラエルの事例を「あさチャン!」が詳報

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「デルタ株の影響なのでしょうか。ワクチンに関するあるデータが公開されました。イスラエルの保健省は『ファイザー社製のワクチンの感染予防効果が64%に低下した』と発表しました」と司会の夏目三久。続けて、日比麻音子アナが「デルタ株の感染が拡大する前の5月(2021年)時点の効果は、およそ94%だったということで、その関連も指摘されています」と伝えた。

  • イスラエルでワクチン効果に「変化」報告も
    イスラエルでワクチン効果に「変化」報告も
  • イスラエルでワクチン効果に「変化」報告も

感染が再拡大

   7月7日の「あさチャン!」は世界で最もワクチン接種が進んでいる国・イスラエルが直面しているデルタ株の脅威について報じた。

   イスラエルでは、6月には1日の新規感染者数が1ケタになる日もあった。しかし、今月5日には500人に迫り、感染が再拡大。マスクの着用が再度義務付けられ、今後、大規模集会や飲食店、イベントなどの人数も再び制限することが検討されている。

   こうした中、イスラエルの保健省は5日、新型コロナワクチンの感染予防効果について新たなデータを発表。これまで、ファイザー製のワクチンを2回済ませた場合、感染の予防効果は95%以上あるとしていたが、今回の発表では6月以降64%に低下したというのだ。

   ちょうどその時期に当たる6月中旬ころからイスラエルではインド型の変異ウイルス「デルタ株」の感染が拡大しており、予防効果の減少にはデルタ株が影響していると見られている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中