2021年 9月 17日 (金)

大野将平「五輪連覇」への道 篠原信一氏が解説した「緻密で繊細」な練習

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京五輪柔道73キロ級でリオ五輪に続き2連覇した大野将平(29)の「これまでの5年間の思い」について、27日(2021年7月)のスッキリで、元日本代表監督の篠原信一氏が解説した。

  • 五輪連覇を達成した
    五輪連覇を達成した
  • 五輪連覇を達成した

表情は変えず

   大野選手は決勝延長戦の9分26秒、支え釣り込み足の技ありで、ラシャ・シャフダトゥアシビリ選手(ジョージア)を転がし、2大会連続優勝をもぎとった。勝っても表情を微動だにさせなかった大野選手は畳の定位置に戻る途中、「やったぞ」とばかり食いしばった歯を、一瞬だけ見せた。

   決勝戦で相手は足を飛ばしたり、大野選手がつかんだ袖や襟をすぐに振りほどく。大野選手にとって「我慢の時間」が続いた。「延長戦でやはり、自分のなかでも感じたことのない、恐怖の中で戦っていました」と大野選手は振り返った。しかし、獲物を追う獣のように、上目遣いで、さかんに動き回る相手との距離をジリジリと詰めた。奥襟をつかんだ右手を引きながら、右足で相手の両足を払った瞬間、紺色の胴着が跳ねて転がった。

   「リオデジャネイロ・オリンピックを終えて、苦しくて、つらい日々を凝縮したような、そんな一日の闘いでした」。大野選手は試合直後に、息を切らせながら語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中