2021年 9月 26日 (日)

後藤希友投手「もっと成長していきたい」 その時、上野由岐子投手が見せた表情

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「ソフトボール日本代表、13年ぶりの歓喜の瞬間になりました。相手は北京オリンピックと同じ、最強のライバル・アメリカです。再び金メダルをつかみました」と司会の夏目三久が笑顔で伝えたのは、きのう27日(2021年7月)に東京五輪ソフトボール決勝で金メダルを獲得した日本代表の偉業。

  • 五輪ソフトボールで日本チームが金メダルを獲得した(写真はイメージ)
    五輪ソフトボールで日本チームが金メダルを獲得した(写真はイメージ)
  • 五輪ソフトボールで日本チームが金メダルを獲得した(写真はイメージ)

夏目三久「ほら、上野投手のこの笑顔!」

   藤森祥平アナは「再びの金メダル、また全然違う感動というか、輝きを放っていまして、涙なしでは語れません。上野(由岐子)投手が(宇津木麗華)監督と抱き合う感動のシーン。そして、新たなヒロインも誕生しました。はたちの後藤希友投手を始めとした、北京当時のメンバーと新たな世代の融合を見事に果たし、頂点に立ちました」と興奮気味に伝えた。

   番組後半には、上野選手(39)、藤田倭選手(30)、我妻悠香選手(26)後藤選手(20)が特設スタジオに登場。夏目は「ほら、上野投手のこの笑顔!本当に最高です。ありがとうございました」と興奮冷めやらぬ様子。

   北京が終わり、東京五輪でのソフトボール復活が決まるまで8年、そこから5年。上野投手は13年間を振り返り、こう語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中