2021年 9月 20日 (月)

鉄棒・橋本大輝は「今、世界一きれいな体操」 森末慎二「絶賛」のポイント2点

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   3日(2021年8月)の「モーニングショー」は、元体操日本代表でロサンジェルス五輪金メダリストの森末慎二さんを招き、きょうの決勝で男子種目別・鉄棒に挑み、2つ目の金メダルを狙う橋本大輝選手(19)について伝えた。

   森末さんは橋本選手の高得点のポイントを2つ解説。その1つ目は、離れ技で鉄棒をつかむ際、肘が曲がらないことだ。

  • 金メダルが期待されている(写真はイメージ)
    金メダルが期待されている(写真はイメージ)
  • 金メダルが期待されている(写真はイメージ)

SNSでの誹謗中傷問題にも言及

「離れ技でちょっとでも近くなると肘が曲がり、その後に連続で技ができない。離れすぎると落下。1番いい位置で(鉄棒を)つかみ、肘が伸びた状態でその後の車輪をリズム良くしないといけないのです」(森末さん)

   2つ目のポイントは、どの瞬間を写真に撮っても足が開かない美しい姿勢だ。「橋本選手は、今、世界一きれいな体操だと思います。質が違う」と森末さんは絶賛する。

   きょうの鉄棒で橋本選手が金メダルを取る可能性は?森末さんは「難度の高い技を詰め込んだ構成でミスなくできれば金の可能性大!着地が決まるかが勝負の分かれ目になる。ぴたりと止まる着地です」と期待する。

   さて、番組は、橋本選手が個人総合で1つ目の金メダルを取った後のSNSでの誹謗中傷についても触れた。跳馬で着地が乱れたのに高得点をマークしたことについて、中国語や英語で「泥棒!泥棒!泥棒!泥棒!泥棒!泥棒!」「金メダルは中国のものなのに無能な審判のおかげであなたが金メダルを手にした」などと心ない書き込みがあるというのだ。

   これに対し、橋本選手は「採点競技は主観的ではなく、審査員による客観的な採点で評価されます。(中略)国の代表選手として努力してきたアスリートを認め、称賛する人が増え、誹謗中傷とみられる行為を行う人が少なくなることを願っています」と冷静にコメント。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中