2021年 9月 24日 (金)

河村たかし市長にまた苦情の嵐 「手書き」ずさん謝罪文に表れた「心」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   東京五輪・パラリンピックをめぐる「全くもって理解できない」話題を、きょう25日(2021年8月)の「あさチャン!」が取り上げた。

  • 番組サイトより
    番組サイトより
  • 番組サイトより

「あさチャン!」が伝えた高谷正哲氏発言の中身

   1つは、大会組織委員会の高谷正哲スポークスパーソンの発言。24日に開会式が行われた東京パラリンピック大会に先立ち、23日、菅義偉首相や東京都の小池百合子知事、国際パラリンピック委員会のパーソンズ会長らが出席する歓迎会が開かれたのだが、このことについて記者会見で「全国各地で新型コロナの感染拡大が止まらないなかでの集会は、社会へのメッセージとして不適切ではないか」という趣旨の質問を受けると、次のように答えたのだ。

「えーっと、すみません、ちょっとご質問の意図するところが全くもって理解できない部分がございます」

   そのうえで高谷氏は「それぞれのパートナーのトップが直接あいさつする場は、今の社会においては適切な範囲内の対応である」と強く反論した。

   高谷氏は、東京五輪の開会式の音楽を担当していたミュージシャンの小山田圭吾氏の過去のいじめ行為が問題視された際も、「今は反省している」「貢献は大きい」などと問題視しない姿勢を示して判断の甘さを露呈していた人物だ。大会組織委員会の広報の「顔」である立場の人が、コロナ禍で東京五輪パラリンピックを開催することの影響に考えが及ばないなんて、全くもって理解できないのはこちらの方だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中