2021年 10月 17日 (日)

2位は「TOKYO MER」、1位は大差をつけて... 「最終回迎えた今季ドラマ、いちばん『観てよかった』と思った作品は?」アンケ結果

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   2021年9月19日昼配信段階で「最終回迎えた今季ドラマ、いちばん『観てよかった』と思った作品は?」をきいたアンケートは、配信から1週間近くが経った24日13時現在で6649票が集まりました。

   対象作品は6本で、1位は2位に約20ポイントの大差をつける結果となりました(詳細は記事下のアンケート結果図参照)。

   上位3作品を紹介すると、3位は11.8%の「プロミス・シンデレラ」(ヒロイン役は二階堂ふみさん)でした。2位は「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(主演は鈴木亮平さん)で24.1%を占めました。

   そして1位は「彼女はキレイだった」で、2位に20ポイント以上の差をつけて45.1%と、半数に迫る支持を集めました。子供時代は優等生美少女だったけれど、「冴えない残念アラサー女子」に成長したヒロイン・佐藤愛を小芝風花さんが演じました。愛の元同級生で現在の上司となる長谷部宗介(中島健人さん)ら男女4人の間で繰り広げられる「四角関係」の恋模様を描きました。韓国の人気ドラマのリメイク版でした。

   最終回の世帯平均視聴率(ビデオリサーチ調べ)を報じたスポーツ紙各紙の報道(ウェブ版)によると、「TOKYO MER~」(12日放送)が19.5%、「彼女はキレイだった」(14日放送)が8.5%と、今回アンケート2位の「TOKYO MER~」の方が、1位の「彼女は~」より10ポイント以上高い数字でしたが、「彼女は~」の小芝さんと中島さんがダブル主演でみせた好演に対する満足度はかなり高かったようで、今回の結果につながった様です。

   19日配信のアンケート記事では現在も投票を受付中です。投票がまだの方は是非ご参加ください。

  • 「最終回迎えた今季ドラマ、いちばん『観てよかった』と思った作品は?」アンケ結果(9月24日13時現在)
    「最終回迎えた今季ドラマ、いちばん『観てよかった』と思った作品は?」アンケ結果(9月24日13時現在)
  • 「最終回迎えた今季ドラマ、いちばん『観てよかった』と思った作品は?」アンケ結果(9月24日13時現在)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中