2021年 10月 23日 (土)

元SMAP森且行のメンバー5人への思い 「あさチャン!」で語ったリハビリとの関係

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   解散した「SMAP」元メンバーで、オートレーサーの森且行選手(47)が、ことし(2021年)1月にレース中に大事故にあって以来、初めてテレビのインタビューに応じた。独占インタビューのもようを、きのう28日(2021年9月)に続き、29日の「あさチャン!」が伝えた。

  • 番組サイトより
    番組サイトより
  • 番組サイトより

インタビュー実施は9月7日

   森はことし1月のレース中、転倒した他のバイクに巻き込まれて落車し、大けがを負った。けがが数ミリずれていたら命が危なかったといい、リハビリを続ける今も両足に麻痺が残り、歩くのに杖が必要だ

   インタビューは今月7日、オートレース場で行われた。事故後、初めてオートレース場に戻り、約7カ月ぶりに自分のバイクのレプリカにおそるおそるまたがってみた森は「うーん、何か変な感じがしますね。乗れるのかな。不安はあります」と言いながらも、「まずエンジンの音を聞きたいですね。オートバイ、かっこいいですね、やっぱり」と嬉しそうだった。

   インタビューでは、「(リハビリを)一回も休ませてとは言わなかった。時間を無駄にしないように、今ある時間をどうやって生きるかだった」と8カ月間の過酷な入院、リハビリ生活を振り返り、「まだ走れると自分で信じている。今は自信も失っていないし、やる気もすごくある。あきらめなければ挑戦はできる。それだけですね」とオートレーサーとしての復帰への強い思いを語った。

   また、事故でともに落車した後輩の選手の名前を挙げて、「僕が復帰できるまで笑えません、と言っているみたいだが、そんなこと1ミリも思わなくていい。レースを頑張って、笑顔で待っていてほしい」と思いを馳せていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中