2021年 10月 23日 (土)

業務時間外メール・電話にNOの声も テレビ朝日の実態は?

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「いま、『つながらない権利』というものが注目されています」と司会の羽鳥慎一がきょう5日(2021年10月)、「モーニングショー」で取り上げた。テレワークが広がる中で、就業時間外に上司や同僚による電話やメールの業務連絡を受けないという権利のことだ。

   街で聞いてみると、「上司からかかってきた電話にすぐ対応しない、そのこと自体が悪、とされている」(女性会社員、24歳)。「夜10時とか、11時に連絡が来て、翌日午前中に資料出せとか。どうやって作るんだ」(エンジニア、24歳)。「24時間365日、連絡を受けるのが普通だという環境で過ごしてきたので、きついとは思わない(男性会社員、47歳)などなど。

  • 就業時間外なのに…
    就業時間外なのに…
  • 就業時間外なのに…

玉川徹「早く相手に言っておかないと、と思って...」

   就業時間外の業務連絡についてのアンケートによると、「対応する」が18.6%、「対応したくないが、対応するのはやむを得ない」が46.7%で、6割以上が連絡あれば対応するといっている(NTTデータ経営研究所/NTTコム オンライン調べ)。

   だが、ネットをみると、「業務時間外のメールを見ると、胃が締め付けられる」「休みに電話やメールがあると、それ以降ブルーになって、休みがパーになる」といった本音も聞かれる。

   羽鳥「玉川さんはどうですか」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「言われて見れば、月曜日でもいいよな、というようなことを電話とか、していたと思う」

   羽鳥「いまさっき、チーフプロデューサーが、玉川さんから金曜日の夜とか、日曜日に連絡が来るんですけどと、言われました」

   玉川「思いついて、早く相手に言っておかないと、と思って連絡するんですね。休日に限って、思いつくんですよ」

   羽鳥「とりあえず、相手に伝えておこうという気持ち、よくわかります」

   玉川「でも、もう、テレビ朝日、決めてください。『原則はダメ』だと。職種などいろいろあるけど、『原則はなし』としていいと思います」

(一ツ石)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中