2021年 10月 21日 (木)

大谷翔平の人気はもはや「ビートルズやマイケル・ジャクソンと同じレベル」⁉ 米国一流ジャーナリストたちが贈る大賛辞は、日本人の涙腺を刺激する――ほか2編

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   エンゼルスの大谷翔平投手(27)がアメリカの『TIME』誌で、「2021年世界で最も影響力のある100人」に選ばれ話題になったが、今度はニューズウィーク日本版が大特集を組んだ。

   タイトルは「アメリカが愛する大谷翔平」。アメリカの一流ジャーナリストたちが、日本人の涙腺を刺激する手放しの大賛辞を贈ってくれている。

「大谷翔平を見ていると、私は10歳の頃に戻れる。ヒーローは実在すると信じていたあの頃に」(グレン・カール)「大谷が21年に成し遂げたことは、第1次大戦期のルースの偉業を超えると断言できるだけの根拠が十分にある」(ゴードン・イーズ)「もし今後再び偉大な二刀流プレーヤーが登場したとしても、大谷が唯一無二の存在であるという事実は変わらない。壁を最初に壊したのは大谷だからだ」(スコット・ミラー)

マナーの良さ、誰にでもフレンドリーな態度で全米中を魅了

   本塁打46本、打点100、盗塁26、勝利数だけが9勝と二桁に届かなかったが、大リーグ史上に残る大記録であることは間違いない。

   イーズ(スポーツジャーナリスト)は、全盛期のベーブ・ルースでも、大谷が8月18日にやったような8回表に打球速度約177㌔のホームランを放ち、その裏に約158㌔の速球を投げることはできなかったはずだと書いている。

   ルースは1919年に投手として10勝を上げた後は、引退するまで5回しかマウンドに上がっていない。二刀流には無理があると本人がこういっていたそうだ。

「1人の人間が一定の間隔で投手をやりながら、同時に他のポジションもこなす――そのペースを毎年維持できるとは思わない」

   グラウンドで超人的な力を発揮する大谷は、マナーのよさ、誰にもフレンドリーな態度で全米中を魅了し、人気ラテンポップ曲の「デスパシート」の日本語バージョンで美声を披露するという。

   チームメイトのジャレド・ウォルシュが、「チームのバスの外にいた女の子4人が、大谷が中にいるのを知って泣き出した」と話している。大谷の人気はビートルズやマイケル・ジャクソンと同じレベルにあるというのだ。

   さらに、再来年に予定されているフリーエージェント権を取得すれば、ヤンキースに来てくれるのではないかと、ニューヨークの野球ファンたちが期待しているという。

   というのも2017年に大谷が大リーグに挑戦すると表明したとき、一番熱心に獲得に動いたのがヤンキースだったからだ。松井秀喜の力も借りて大谷を説得したが、なぜか彼は反対側にある西海岸のエンゼルスを選択した。

   もし大谷がヤンキースに入れば、「ビートルズが(ニューヨークにあった)シェイ・スタジアムにやって来るようなものだ」と、ヤンキースの実況中継をするマイケル・ケイは語っている。

   大谷翔平という存在は人種や国籍を超えたアメリカン・ヒーローになったのである。

   新潮では岩手県時代の友人や恩師たちが大谷について語っている。

   「とにかく負けず嫌い」(小・中・高で同じチームにいた先輩の佐々木大樹)。6年生になると彼の球をキャッチャーが捕れないため、「地元の社会人チームの捕手が試しに受けてみたら、球が捕れなくて身体にドーンと当ててしまい、悶絶したこともありましたね」(同)。高校に入るまでは身長189㌢だが体重は66㌔しかなかった。花巻東高校では寮生活で、食事もトレーニングのうちと、大谷には1日どんぶり飯13杯のノルマが課せられ、そのため高校3年間で20㌔増量したそうだ。

   翔平からShoheiへと飛翔した現在の大谷について、「俺なんか手の届かないところに行ってしまったような気がして、翔平がホームランを打つと、訳もなく涙が出てきたこともありましたよ」(水沢リトルで総監督を務めていた浅利昭治)、「もう"俺が指導した"なんて言えないよ。『翔平』なんて呼び捨てにできないよね」(一関リトルシニアの千葉博美元監督)。有名になり過ぎた教え子の活躍に、嬉しくもあるが一抹の寂しさを覚える。わかるなその気持ち。

元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)『現代の“見えざる手”』(人間の科学社新社)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中