2022年 5月 18日 (水)

コロナ飲み薬の効果めぐり新結果 安住アナ「気になります」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「新型コロナウイルスの飲み薬の効果が下方修正されたというニュース、気になります」とけさ29日(20121年11月)の「THE TIME,」で司会の安住紳一郎が伝えた。

   世界で初めて承認された新型コロナの飲み薬「モルヌピラビル」。その効果について、当初より、効果が弱まるとの分析結果が明らかになった。米国の製薬大手メルクなどが開発中の「モルヌピラビル」の効果に関して、10月の発表では重症化による入院や死亡のリスクを50%抑えることができるとしていた。しかし、最新の臨床試験の結果では30%と以前より弱まるとの分析が示された。

  • コロナ飲み薬をめぐる「気になる」分析結果
    コロナ飲み薬をめぐる「気になる」分析結果
  • コロナ飲み薬をめぐる「気になる」分析結果

特例承認への影響は?

   今月19日にはヨーロッパ医薬品庁がモルヌピラビルを「使用してもよい」とする見解を示し、英国の医薬品規制当局はすでに承認していた。

   日本もメルクの日本法人MSDと160万回分の供給を受けることで合意しており、特例承認を経て、早ければ年内にも供給される予定だったが、ブレーキがかかるかも知れない。東京歯科大学市川総合病院の寺嶋毅教授は「効果が弱まるとの分析が特例承認に影響する可能性がある」とみている。

   日本ではきのう28日の新規感染者数は全国で73人、東京では9人と低い数字が続いているが、世界の状況を見ると、新変異株「オミクロン」の確認などまだまだ厳しい状況だ。

(一ツ石)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中