2022年 1月 28日 (金)

志尊淳になら「キモいっすね」って言われたい! 「ムチャブリ!」毒舌キャラが話題

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   連続ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」(日本テレビ系)第1話が、1月12日(2022年)に放送された。(ネタバレあり)

   株式会社リレーション・ゲートの社長・浅海寛人(松田翔太さん)の秘書を務めていた高梨雛子(高畑充希さん)が、過去に作ったカジュアルフレンチレストランの事業企画を適当に修正して提出するとなぜか採用され、新たに立ち上げた子会社「リレーション・フーズ」の社長に突然指名された。

  • 志尊淳さん(写真:YUTAKA/アフロ)
    志尊淳さん(写真:YUTAKA/アフロ)
  • 志尊淳さん(写真:YUTAKA/アフロ)

「何であんなしょぼい企画が...」

   寛人からの度重なる「ムチャブリ」に耐えかねていた雛子が、会社の一角で1人「私がいつもいつも言いなりだと思ったら大間違いだからな!」「すみません、私には荷が重いです、お許しくださ~い」などと愚痴っているところを大牙涼(志尊淳さん)に見られてしまう。涼は自分が提出した企画が通らなかったことで、「ふざけんなよ、何であんなしょぼい企画が採用されんだよ...」と苛立ちを募らせていた。

   そんな涼が、あろうことか雛子の会社に出向することに。寛人が買い取った創業50年のフレンチレストラン「セゾンヌヴェル」を雛子の企画を元にリニューアルし1カ月後にオープン、全国展開させるという寛人の計画に従い、総務担当の宮内剛(荒川良々さん)、経理担当の深山和湖(山田真歩さん)、営業担当の田辺和真(忍成修吾さん)と5人での事業がスタートした。

   しかしリニューアル案をセゾンヌヴェルに持っていくと、シェフの古賀道夫(神保悟志さん)は「ふざけんな。店が変わるなんて俺たちは聞いてねーぞ」と怒り心頭の様子。スタッフたちはオーナーが変わるとしか聞かされていなかったという。

   後日、涼がグランドメニュー案を店に持って行くも、「新しい店のコンセプトってのが気に食わない」という道夫と揉めてしまう。どうすべきか悩む雛子に、寛人は「俺ならそのシェフ、切るね。そりゃそうでしょ?社の方針に従わないんだから、切るべきだね」と提言。剛、和湖、和真も寛人の意見に賛成する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中