2022年 7月 5日 (火)

10歳・毎田暖乃の演技が「本当に大人」 「妻、小学生になる。」でみせた仕草

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   亡くなった妻が10歳の小学生になって現れる「妻、小学生になる。」(TBS系)が話題だ。なかでも、生まれ変わった妻を演じる10歳子役・毎田暖乃(まいだ・のの)の演技が、「本当に大人の妻に見える」「凄すぎる」とSNSでも反響を呼んでいる。

   28日(2022年1月)に放送された第2話では、毎田暖乃が座ってスマホで「娘」と話すシーンは、足の組み方から膝の上に置いた手の向き、首の傾け方、台詞の抑揚、どれをとっても大人の仕草を見せた。10歳の小学生を「どうやって大人に見せるか」、演出陣と練りに練った所作なのだろうが、大げさでもなく生意気にもならないナチュラルな演技で、ほんの数秒のそのシーンだけでも視聴者を唸らせる。

  • TBSの「妻、小学生になる。」番組サイトより
    TBSの「妻、小学生になる。」番組サイトより
  • TBSの「妻、小学生になる。」番組サイトより

家族の至福の時間を取り戻すシーン

   合コンに行くか迷っている娘の背中を押して、着ていくワンピースを一緒に選び、当日はメイクをしてあげるシーンでは、本当に母と娘の会話に見えた。死んでしまって娘にしてあげられなかったこと、それを見守る夫、娘がとまどいつつ「あのさ」と切り出し、「ありがとね ママ」という。失っていた家族の至福の時間を取り戻すシーンに、目頭があつくなった。

   ドラマは村田椰融(むらた・やゆう)の同名漫画が原作。10年前の突然の事故で妻を亡くし、失意の中で生きてきた夫とその娘の前に10歳の小学生が現れる。その子は、なんと生まれ変わった妻(母)で、2人が元気を取り戻していくという物語だ。

   主人公の新島圭介(にいじま・けいすけ)に堤真一、他界した妻・貴恵(たかえ)に石田ゆり子、一人娘・麻衣(まい)に蒔田彩珠というキャストで、生まれ変わった小学生・白石万理華(しらいし・まりか)が毎田暖乃だ。また、万理華の母親・白石千嘉(しらいし・ちか)は吉田羊で、演技派の俳優陣の演技も見どころになっている。

   一気に評判が高まった1月15日の第1話では、はじめは半信半疑だった圭介と麻衣が、貴恵が語る思い出のエピソードや、つくってくれた料理の味で、本当の妻だと悟る過程が描かれた。多分そうなるだろうなと思わせる展開だが、どうやって妻と分からせるのか、ハラハラしながら子役の毎田暖乃を見守ってしまう。

   第2話では、圭介と万理華の関係に、周囲の人たちが違和感を抱き始める。2人がどうごまかすのか、これもハラハラして見てしまうのだ。ぐれて危なっかしい貴恵の弟・古賀友利(神木隆之介)が登場、万理華の母・千嘉が万理華に厳しく迫る不穏なシーンもあり、これからの展開にさらにハラハラ・ドキドキ感が高まってくる。

   SNSでは「もう完全に妻が、入り込んでいる」「毎田さん、息を吐くように演技をしている。凄く自然」などと、称賛する投稿が相次いでいる。

   毎田は2011年生まれの10歳。NHKの朝ドラ「おちょやん」(2020~21)で、ヒロイン千代(杉咲花)の幼少期を務め、見事な河内弁が評判を呼んだ。

   今回もドラマの肝となる役どころとなった。確かな演技力でどこまで成長するのか、楽しみでもあり、恐ろしくもある。

(コムギ)

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中