2022年 5月 24日 (火)

米倉涼子の闘病告白に「力をもらえる」 高橋みなみが感じた「前向き」な姿勢とは

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   1月31日(2022年)放送の「ニュース シブ5時」(NHK総合)で持病の「低髄液圧症候群」について語った俳優の米倉涼子さんについて、2月2日放送の「バイキングMORE」(フジテレビ系)が取り上げた。

   米倉さんは2019年に病気を発症。「シブ5時」では現状について、

「だんだんまっすぐ歩けなくなってくるんですね。走ったり回転したりすると、どこが正面かわらかなくなってきたりとか、倦怠感ややる気がみなぎらない。頑張らなきゃいけないのに何かおかしい。すぐしゃがんでしまう」

などと明かしていた。

  • 米倉涼子さん(写真:Keizo Mori/アフロ)
    米倉涼子さん(写真:Keizo Mori/アフロ)
  • 米倉涼子さん(写真:Keizo Mori/アフロ)

「本当に努力家な方なんだろうな」

   22年11月には、ミュージカル「CHICAGO」で4度目の米ブロードウェー公演に挑む米倉さん。

「挑戦できることはしたいなと思います。いつセリフを間違えるかもわからないし、いつ転ぶかもわからないし。でもそれってみんな、他のダンサーたちもケガが多かったり、ボルトを入れながらやっていたり。それでも楽しんでやってる方がたくさんいるから、それだけであきらめるってことは一生ないなと思います」

と語っていた。

   コメンテーターの高橋みなみさん「本当に努力家な方なんだろうなと思いますし、こうした前向きな発言ってすごく力をもらえるなって思っていて。病気って不安が募るじゃないですか。私も幼少時にアレルギー性気管支ぜんそくになってしまって、結構発作とか出て、学校早退したりとか、AKB(48)の時もダンス踊ってる時ちょっと怖かったりとか。そういった不安もあったんですけど、不安を乗り越えて前向きな姿勢を見せてくれると、いろんな病気と闘ってる人にとってすごくエールになるなと思います」

(TT)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中