2022年 6月 26日 (日)

安住アナ、3回目ワクチン翌日の状況 「2回目との比較」の連絡内容(冬休み中)

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   安住紳一郎アナが15日(2022年3月)放送の「THE TIME,」を欠席。代わりに司会を務めた杉山真也アナが「もともと予定していた遅めの冬休みのため、きょうから3日間お休み」と説明した。

   きのう、番組内で3回目のワクチン接種を生中継した安住アナ。杉山アナは「『2回目よりは副反応は楽』という連絡が今朝来ました。朝はうどんを食べたそうです。『おいしかった』とメッセージに書いてありました」と報告した。

  • 安住アナの3回目ワクチン接種翌日の状況は?(写真はイメージ)
    安住アナの3回目ワクチン接種翌日の状況は?(写真はイメージ)
  • 安住アナの3回目ワクチン接種翌日の状況は?(写真はイメージ)

杉山真也アナ「ロシア側は、あろうことか...」

   トップニュースはウクライナ情勢。杉山アナは「きのう、進展が期待された停戦交渉が一時中断。ロシア側は、あろうことか人口密集地へのさらなる攻撃も匂わせています」と伝えた。

   ウクライナのポドリャク大統領府長官顧問は、交渉が難航した理由について「両国の政治体制があまりにも異なる」と指摘した。

   そんな中、ロシアのぺスコフ大統領報道官は、「ロシアの軍事作戦は計画の期間内に遂行される」とした上で「人口密集地を支配下に置く可能性を排除しない」と語り、強硬姿勢を示した。

   ロシア軍による攻撃は、日に日に激しさを増している。砲撃を受けた首都キエフ北部では、黒焦げに焼け落ちた建物に立ち尽くした男性が「これが私たちの悲劇。あいつ(プーチン)は最低以下でただ1人の化け物だ。もう言葉がない」と興奮した様子で語った。

   激しい戦闘が続くマリウポリの被害も甚大だ。ロイター通信は、ウクライナ政府高官の話としてこれまでに2500人の市民が死亡したと報じた。9日には1170人と伝えていたので、わずか4日で市民の死者が倍以上に膨らんだということだ。

   番組は、ウクライナ侵攻が日本国民の生活に与える影響についても伝えた。すでに上昇している原油や海産物、輸入小麦の価格のほか、日本人になじみ深い「そば」も高騰するそうだ。

(ピノコ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中