2022年 5月 28日 (土)

山梨のキャンプ場近くから人骨 「不明女児の母の思い」と「山岳救助のプロの見解」(スッキリ)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   山梨県道志村の山中で人の頭の一部らしい骨が発見された。3年前の2019年9月に当時小学1年だった小倉美咲さんが姿を消し、大捜索が行われた場所で、美咲さん一家がいたキャンプ場から東へ600メートルの地点。本人のものなのかどうか、きょう周辺の捜索とDNA鑑定が行われる予定と、27日(2022年4月)の「スッキリ」が報じた。

  • 番組ツイッターより
    番組ツイッターより
  • 番組ツイッターより

加藤浩次「なんでこの時期にという点も不可解」

   発見したのは、先週の23日、ボランティアで捜索に入った男性。いったん現場を離れ、おととい再び戻って通報したという。3年前の捜索では、最後の目撃から美咲さんは西へ向かったと推測し、まずはキャンプ場より西側を重点に行い、東側へ広げた。現場は急斜面ばかりで、東西3キロにわたり分け入って調べた。

   母のとも子さんは「無事に帰ると確信していますので、美咲のものではないと信じています」と切実な心情を語った。この捜索にもたずさわった民間山岳救助隊員の三苫育さんは、山岳遭難現場では頭の骨だけが見つかることはよくあり「大規模捜索以降の可能性が高いのではないか」と話す。

   司会の加藤浩次「美咲さんかどうかはまだわからないということですね。あれだけ捜索したのに何も出ず、なんでこの時期にという点も不可解です」

(あっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中