2022年 5月 21日 (土)

新婚旅行「コロナで中止も返金なし」 加藤浩次が会社に注文したコト

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新型コロナの影響でキャンセルとなったハネムーンの代金が返金されないトラブルを、11日(2022年5月)の「スッキリ」が取り上げた。名古屋市の旅行会社「エヌワンツアー」(登録抹消済)の20件、総額1300万円。阿部祐二リポーターが客と社長それぞれから話を聞いた。

   愛知県の30代女性会社員は、ギリシャのサントーニ島やローマ、フィレンツェへ2020年5月出発のハネムーンに行く予定だった。代金150万円中の70万円を先払いしたが、「入国が厳しいため延期しませんか」と社長に言われた。しかし、今年1月に来るはずの連絡が来ず、連絡をとろうとすると不通。今まで何の説明もないそうだ。「情けない。悔しい」という。

  • 旅行の予定が…(写真はイメージ)
    旅行の予定が…(写真はイメージ)
  • 旅行の予定が…(写真はイメージ)

番組取材に社長が回答

   埼玉県の40代夫婦は、ハワイで挙式してハネムーンもしようと、2020年8月出発の6泊8日の予定で116万円を払ったが、コロナの影響で延期され、連絡なし。何度かした電話にも出ずの状態。「(社長が)逃げ回ることに一番腹が立つ」(夫)、「このために節約してきた部分もあります」(妻)と怒る。

   都内の30代夫婦は、モルディブとイタリア旅行のために120万円を払った後、40万円の沖縄旅行にふり替えた。差額80万円が返金されていない。「嫌なことを我慢しながら稼いだお金なのに許せない」と話した。

   エヌワンツアーは、1998年に設立、愛知県に旅行業登録した。客の要望に合わせてホテルや日程を計画する「オーダーメイドハネムーン」を売り物にしたが、2020年から県に客からの相談がつづき、県が立ち入り検査や指導を行った。21年10月に登録抹消。

   社長は阿部リポーターの電話に「コロナが長期化し、海外旅行を中心に売り上げが立たなくなった。他の事業をやり繰りし返金しようとしたが、フォローが欠如した」「今週中にできる限り対応させていただく」と語った。

   宮崎哲弥(評論家)「こういう状況には旅行会社、ホテル、航空会社のどこが負担するか決まっているはず。海外ということもあり、滞っているのか。とはいえ、客を不安にしたのはまずかったと思うな」

   池田美優(タレント、モデル)「この取材がなければ連絡しないのかと思っちゃう」

   司会の加藤浩次「こういう状況ですから待ってとか、連絡するのが基本と思う。客とのコミュニケーションを大切にしてほしい」

(あっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中