2022年 5月 19日 (木)

小島よしおが「殺人被害者」熱演 「捜査一課長」でギャグ満載も「かっこいい」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   木曜ミステリー「警視庁・捜査一課長season6」(テレビ朝日系)5月12日(2022年)放送の第5話に、お笑いタレントの小島よしおさんがゲスト出演。その熱演と、小島さんのギャグを散りばめたストーリーが話題となった。(ネタバレあり)

   大手IT企業「ビッグホール」のチーフプログラマー、太平洋和(おおひら・ひろかず、小島さん)が殺害された。電話で一報を受けた大岩純一(内藤剛志さん)は、「何!?一発屋と二番煎じのご遺体?」と驚く。

  • 小島よしおさん(写真:Pasya/アフロ)
    小島よしおさん(写真:Pasya/アフロ)
  • 小島よしおさん(写真:Pasya/アフロ)

「太平洋を平和にしたい」「OPP!」

   大岩が現場に駆け付けると、太平は「おっぱっぴー」(OPP)のポーズで倒れていた。

   20年前に謝罪スピーチ自動生成ソフト「イージーソーリー」を開発し、一躍時の人となった太平。生前のプレゼンテーションでは、


「私がイージーソーリーを作った目的はただ一つ。太平洋、そして世界を平和にしたかったからです」
「開発当初は夢物語と笑われ。今では一発屋とからかわれていますが、そんなの関係ありません。さらなるヒットで一発屋と呼ばれなくなるまで、信じる道を走り続けます。OPP!」

といったスピーチで聴衆を沸かせていた。

   現場に残されていた湯呑みと茶托から推理を展開する小山田大介(金田明夫さん)に、平井真琴(斉藤由貴さん)は「でもそんなの関係ないぐらい気になるのが、お茶が薄い」と口を挟む。大岩が「二番煎じか?」と聞くと、平井は「あえて二番煎じのお茶を飲むっていうのは、何かこう、暗示的な感じしません?例えば、犯人が二番煎じとか、あるいは、トリックが二番煎じとか」と自身の推理を披露。「凡人の俺には理解できねえけど、頭の隅っこに入れとくよ」と話を切り上げようとする小山田に、平井は「小山田管理官、顔...体調悪いですか?何かほら、ネクタイも元気ないし。あっ、奥さんと喧嘩したとか?」とぐいぐい詰め寄る。「俺のプライベートまで丸裸にするな」とうろたえる小山田に、平井は「丸裸?」ととぼけていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中