2024年 4月 13日 (土)

木村拓哉「未来への10カウント」ラストにキュンキュン  バックハグからの展開・演出が「もう最高」 

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「未来への10カウント」(テレビ朝日系)最終回となる第9話が、6月9日(2022年)に放送された。(ネタバレあり)

   桐沢祥吾(木村拓哉さん)に「圭太(川原瑛都さん)の、お父さんになってもらえませんか?」と突然プロポーズしていた折原葵(満島ひかりさん)。妹の楓(滝沢カレンさん)からしらばっくれるようアドバイスされたが、「最近だめなんですよねぇ、すぐ酔っ払っちゃって」ととぼけると、祥吾は「そうなんですか...?」とややガッカリしたような反応で、葵はやってしまった、と自分の頬を叩く。

  • 木村拓哉さんが「桐沢省吾」を演じた
    木村拓哉さんが「桐沢省吾」を演じた
  • 木村拓哉さんが「桐沢省吾」を演じた

「僕は桐沢のおじちゃんに、お父さんになってほしいんです」

   祥吾が葵、芦屋賢三(柄本明さん)、甲斐誠一郎(安田顕さん)との酒席で「焼き鳥大将」を再開すると打ち明ける。誠一郎から「折原先生知ってたの?」と聞かれた葵は「ゆうべ聞いたんですよ」と口を滑らせてしまい、祥吾から「え?それ覚えてたんだ」と突っ込まれ、微妙な間が空いた。

   帰宅後、葵は楓との会話の中で、もし祥吾と結婚したらどちらかが松葉台高校を辞めなければならないと気付く。楓が「辞めるとすれば、非常勤講師の桐沢さん。講師を辞めるってことは、ボクシング部のコーチも...」と指摘したところで、ようやくハッとする葵だった。

   その会話を耳にした圭太は単身で校長室に乗り込み、大場麻琴(内田有紀さん)に「折り入ってお願いがあります」として、

「僕は桐沢のおじちゃんに、お父さんになってほしいんです。実はお母さんと、桐沢のおじちゃんとの間では、そういう話が進んでいます」
「もし、お母さんと、桐沢のおじちゃんが結婚しても、桐沢のおじちゃんにボクシング部のコーチを続けさせてください」

と勝手に話を通してしまった。

   ある朝祥吾と葵が校長室に呼び出され、麻琴から教師同士が結婚したらどちらかは辞めなければならないことと、講師を辞めてもボクシング部のコーチは続けられるかもしれないと直々に言われる。「なぜ私たちに?」といぶかしがる2人だったが、インターハイへの気合は新たになったのだった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中