2024年 5月 19日 (日)

みちょぱ レジオネラ菌検出旅館の社長会見に 「ちょっと半笑いな感じもする」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「福岡県の老舗旅館が大浴場のお湯を年に2回しか変えていなかったということなんです。きのう(2023年2月28日)の会見で明らかになったのは、衛生管理に対する認識でした」と森圭介アナが切り出した。3月1日の「スッキリ」は、基準値の3700倍のレジオネラ属菌が検出され、問題となった大丸別荘(福岡県筑紫野市)の山田真社長の会見を振り返った。

   肺炎などを引き起こす可能性があり、最悪の場合は死にいたることもあるというレジオネラ属菌だが、山田社長は会見で「たいした菌じゃないと認識していた」という趣旨の発言を繰り返した。

  • (イラストはイメージ)
    (イラストはイメージ)
  • (イラストはイメージ)

加藤浩次「問題意識が相当薄いなって...」

   福岡県の条例では湯を週1回以上完全に入れ替えて清掃することが義務付けられているが、山田社長は「いやぁ、もう年に2回でいいよという。盆と正月にやるのですが、『その時にやればいい』という言い方をした」。また、消毒するための塩素の注入も怠っていたことに関しては「塩素の臭いが自分の体質に合わず嫌いだったからという身勝手な理由」と説明をした。

   呆れたのは会見内容だけではない。記者からの説明に答えて「(客に申し訳ないという思いが)働くようならその前に塩素入れてました」と発言した時など、時折、軽い冗談でも言っているかのように笑う場面が見られたのには唖然とした。

   司会の加藤浩次「社長の会見見てて問題意識が相当薄いなって思っちゃったんだけど」

   みちょぱ(池田美優:ファッションモデル、タレント)「ちょっと半笑いな感じもするし、いまだに『だいじょぶでしょ!』って思ってそう」

   森アナはここで、これまでの経緯を説明。

   それによると、2022年8月、大丸別荘の利用者がレジオネラ属菌を原因とする感染症を発症。福岡県が調査した結果、大浴場から基準値の2倍のレジオネラ属菌が検出された。10月、大丸別荘は福岡県の調査に対し「湯の交換や塩素の濃度は適切」「自主検査でも菌は検出されなかった」と虚偽の報告。11月に県が抜き打ちで再調査した結果、基準値の3700倍のレジオネラ属菌が検出されたそうだ。

   加藤「社長を変えて新たな会社を作らなきゃダメですよ。もう完全に。今の状態だと、ワンマン経営で、自分が言ったことを従業員がやると思っているし、考え方が明らかに間違っているから。会社自体をガラッと変えないと再出発できないと思うな」

   社長は、事態が落ち着いたら退任する考えを示している。

(ピノコ)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中