2024年 5月 29日 (水)

レジオネラ菌「基準3700倍」温泉旅館の社長が語った驚愕の認識(THE TIME,)

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   客は水溜りのような風呂に入れられていたということか――。けさ1日(2023年3月)の「THE TIME,」で、宇賀神メグアナは「『レジオネラ菌は大した菌ではない』。お湯を取り換えなかった理由は、社長の(こんな)無責任な判断だったようです」と伝えた。

  • TBSの「THE TIME,」番組サイトより
    TBSの「THE TIME,」番組サイトより
  • TBSの「THE TIME,」番組サイトより

「水溜りでもいくらでもいる菌と...」

   福岡・二日市の老舗温泉旅館「大丸別荘」は、大浴場の湯を年に2回しか入れ替えず、基準値の3700倍のレジオネラ属菌が検出されたが、山田真社長の2月28日の釈明会見で、客の安全や衛生管理などは二の次だった実態が明らかになった。

   レジオネラ菌は感染すると重度の肺炎を引き起こすが、山田社長は「レジオネラ菌が大した菌ではないという認識がひとつと、1日100トンばかりを浴槽に入れており、水質はかなりいいだろうと考えていました」と話し、「その辺の池でも水溜りでもいくらでもいる菌というふうに、私の知識ではないっていました」と説明した。水溜りにもいるような菌なら、風呂の湯がそうなっていても大丈夫とでも思っていたのだろうか。

   塩素の注入を怠っていたことについても、「塩素のにおいが自分の体質に合わず嫌いだった。身勝手な理由だった」と認めた。保健所の聞き取りに「湯の交換は適正だった」と虚偽の回答をしたり、検査でサンプルを取るときだけ塩素を入れていたことは「偽装ということになります」。

   会見で「利用者の健康のことはどうでもいいということじゃないですか」と追及された山田社長は、「そうですね。そう言われれば、そういうことになりますね」と語り、不正はすべて社長の自分の指示で、問題が収束した後に退任すると表明した。

   大丸別荘は創業150年、昭和天皇も宿泊した。泊ったことがある人は、今ごろ「うわあ、気持ち悪い」と身震いしていることだろう。

(カズキ)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中