売れたあとのモチベーションの保ち方 ニューヨークの質問にオードリー若林はこう答えた

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   オードリーの2人がMCを務め、今注目の有名人と「事前アンケートなし、打ち合わせなし」のフリートークを繰り広げる「あちこちオードリー」(テレビ東京系)。4月12日(2023年)のゲストは番組最多で4回目の出演となったニューヨークと、初登場のヨネダ2000の2組でした。なかでも注目が集まったのは、ニューヨークがオードリーに本気の相談をするコーナー。売れた後にどうやってモチベーションを維持するのか、何を目指しているかなど、オードリー・若林正恭さんの本音が明かされました。

  • オードリーの若林正恭さん
    オードリーの若林正恭さん
  • オードリーの若林正恭さん

「その人たちと同じ時間を過ごしたいなと」

   ニューヨークがオードリーに聞きたいことは「あとこれ以上、何がほしいですか?」。

   「オードリーのオールナイトニッポン」は40週連続で聴取率1位、2024年2月に東京ドームでのラジオイベント開催を発表し、若林さんの半生が日本テレビ系列でドラマ化されるなど、売れまくっているオードリー。ニューヨーク・屋敷裕政さんは、「オードリーは今、やばいじゃないですか。どういうモチベーションで、どういう努力をして、何を手に入れようとしているのかな」と、ここ数年で一気に人気芸人に登りつめた彼らならではの疑問をぶつけます。

   若林さんの回答は、「自分の欲ってなると結構難しいのかもしれない。金持ちとか、ゴールデンの冠番組(を持つこと)に燃えられるほどじゃない。でも『こういうお笑いが好き』っていうのは、ある程度同世代を生きてきたり、映画や漫画など見たものが一緒じゃないと、無理じゃん。ちょっと(世代が)離れるだけでも感覚が違う。だから生まれてきて芸人になって、感覚が合う人と出会えてよかったなって思う。芸人さんでもスタッフでも、その人たちと同じ時間を過ごしたいなと。どこの時間帯とかお金とかじゃなくて、そういう仕事を一緒にしたくなる」。

   屋敷さんがさらに「でも、どんどんオードリーというものが雪だるま式にでかくなっていくじゃないですか。怖くなる時もあるんですか? 全部失うんじゃないかみたいな」と突っ込むと、「それはあるよ。東京ドームも1万人しかこなかったらガラガラに見えて『なんだ、そんなもんじゃん』って絶対なるから。めちくちゃ足は震える。だけど、足が震えるようなことがないと生きていけないよ」と、若林さんらしい「名言」を交えて返答します。

   この返しに屋敷さんは深く頷きますが、相方の嶋佐和也さんはニヤニヤ顔。「年取って丸く丸く見せてるけど、芯はスリルジャンキーなんですね」と常にスリルを求め続ける若林さんの芸人魂を茶化すと、「それがニューヨークの悪いところ!」と若林さんのツッコミが炸裂します。

姉妹サイト