2024年 2月 26日 (月)

江戸川区で街録、本場インド人の「また行きたくなるカレー店」はどこ(ZIP!)

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「街頭インタビューで流行や本当に役立つ情報を調査します」(平松修造アナ)という「ZIP!」の「街録リアルレビュー」コーナーで、けさ21日(2023年4月)に紹介したのは「インド出身者が多い西葛西で本場の人に聞いたまた行きたくなる日本のカレー店」だった。

  • 日本のカレーは大人気だという
    日本のカレーは大人気だという
  • 日本のカレーは大人気だという

「福神漬けをガバガバ入れるのが好き」

   平松アナ「西葛西は東京都江戸川区にあるのですが、江戸川区はITエンジニアだったり、金融系などで働くインドの方が、東京で1番多いんです」

   さっそく日本在住5年のソフトエンジニアだという男性に聞いてみると、よく行くカレー店は「なか卯。週に1回は行きます。辛いのじゃなくて、ちょっと違う味」という。なか卯のカレーは特製の和風だしで作る甘口で、これが鶏肉と合っているとおススメだ。

   在日6年の男性は「水道橋の『ゴーゴーカレー』はすげーおいしいです。1週間に1回は行きます」ということで、注文するのはチキンカツカレーだった。宗教上の理由で牛と豚は食べられないので、チキンカツになるらしい。「ゴーゴーカレー」はゴリラのマークで全国に約100店舗展開している。

   在日23年という旅行会社の社長は、「インド人にとって、カレーは好き嫌いじゃない。日本のみそ汁のようなもの。みそ汁は大根、なめこ、豆腐と具を変えますが、インドでもカレーは味や具を変えます。朝から晩まで同じカレーを食べてるわけじゃないよ」と笑う。

   平松アナが「日本のカレー屋さんって行きます?」と聞く。「CoCo壱番屋。福神漬けをガバガバ入れるのが好き」で、いつも食べるのは「オクラカレーですね。ネバネバ食べないと元気にならない。夏用のチキンとトマトとオクラが入ったカレーです。多い時は週2回」

   辛さが選べるのもいいという。その辛さは「中」くらい。「CoCo壱番屋」は全世界に約1450店舗あり、インドにも開店したという。さて、インドではどんな評判なんだろう。

(カズキ)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中