2024年 4月 21日 (日)

空に「火の玉」、中国ロケット残骸か 水卜麻美アナが伝えた「落下する予定」との一致点

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「昨夜、沖縄県を中心に、上空を横切る火の玉のようなものが目撃されました。その正体は何だったのでしょうか」と、けさ11日(2023年5月)の「ZIP!」で司会の水卜麻美が伝えた。

  • 夜空に…(写真はイメージ)
    夜空に…(写真はイメージ)
  • 夜空に…(写真はイメージ)

「飛行機にしてはおかしいなと」

   きのう午後8時半ころに沖縄・北谷町の視聴者が撮影した映像が流れた。数個の物体が明るく輝きながら、長い尾を引いて夜空をゆっくりと横切っていく。撮影した人は「前後に2つの光がつながっている感じで、飛行機にしてはおかしいなと見えました」と話す。

   いったい何だったのか。専門家はこう解説した。「2022年11月に打ち上げられた『長征3号B』という中国のロケットの残骸だと思われます」(平塚市博物館天文担当学芸員・藤井大地さん)

   水卜「残骸はそもそもきのう落下する予定になっていて、光の時間も軌道も中国のロケットに一致しているということです」

   そうした残骸は他にもありそうだが、日本政府の発表ってないのかな。

(カズキ)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中