日銀総裁 村上ファンドから すばやい「逃亡」

印刷

   日銀の福井俊彦総裁は、村上ファンドに運用委託していた1,000万円を数カ月前に解約を申しこんでいた。オリックスが村上ファンドから出資金と役員を引き揚げると発表したのが2006年5月12日。いずれも村上氏の逮捕のかなり前だ。福井氏とオリックスの宮内義彦会長の逃げ足の速さは、なぜなのか。

   福井日銀総裁が06年6月13日の参院財政金融委員会で、富士通総研在職中の99年秋に、村上ファンドに1,000万円を拠出していたことを明らかにした。村上氏が旧通産省を退職した時で、資金集めに苦労していた村上氏に、富士通総研の有志数人が1人1,000万円を拠出したという。福井日銀総裁は、「利益はあまりたいした金額ではない」「現金化していない」「アドバイザー契約は存在しない」と答弁した。民主党はさっそく責任追及に乗り出す構えだ。

オリックスもタイミングよく提携を解消

村上氏逮捕の情報は漏れていたのか
村上氏逮捕の情報は漏れていたのか

   この答弁について、明治大政経学部の高木勝教授のように、

「日銀のトップが、民間時代のこととはいえインサイダーを犯した会社に拠出していたのは、まったくもって不用意です。結果的に犯罪に加担したとも疑われ、道義的な責任は問われると思います」

という批判が出るのは当然だ。

   そこで思い出されるのがオリックス。村上氏の逮捕前に、オリックスは資金と役員を引き上げ、実にタイミングよく村上ファンドとの提携を解消している。オリックスはMACアセットマネジメントに資本金の45%に当たる約4,000万円を出資し非常勤役員二人も派遣していた。宮内会長と村上氏は、村上氏が通産官僚だったころからの知人。村上ファンドも宮内氏の後押しがなければ存在は難しかったとされている。
   だからこそ、この両氏の資金引き上げのタイミングに、“疑惑”が生じるのだ。

   JINビジネスニュースは、「ゴーン革命と日産社員 日本人はダメだったのか?」などの著書がある経済ジャーナリストの前屋毅氏にインタビューした。
   以前、前屋氏が村上氏に取材した際、村上氏は「宮内氏らにきちんと教えをこうている」などと話し、バックには有力者が付いていることを強調していたという。

解約は全くの偶然なのか

   そんなこともあって、

「逮捕前に提携の解消や解約というのは全くの偶然ではなく、情報網を使った成果と見るのが正しいのではないか」

と見る。
   つまり「ひとつの形を付けた」(前屋氏)というのだ。それは、逮捕後まで関係が続いていたことがわかってしまえば、検察の追及がオリックスや福井総裁まで及ぶ。だから、なんらかの情報交換があったのではないか、と推測しているわけだ。もっとも、どこからか、「村上は危ない」という「インサイダー情報」を入手した可能性もある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中