ウェブ2.0最大欠陥は 理念がないことだ
オウケイウェイヴ兼元謙任社長に聞く

印刷

   教えて?に答えるQ&Aサイト運営で、「ウェブ2.0」ビジネスの代表企業として注目を集めるオウケイウェイヴ。6月に名証セントレックスに株式上場したばかり。J-CASTニュースでは、兼元謙任社長に「ウェブ2.0」の次にやってくる情報ビジネスの将来について聞いた。

――膨大な情報を選択・閲覧する従来のWebスタイルから、Web 2.0では、その情報を組み合わせ新しいコンテンツやツールを生み出す形になりました。兼元さんは2.0の問題点も指摘しています。

兼元謙任・オウケイウェイヴ社長
兼元謙任・オウケイウェイヴ社長
「ウェブ2.0が進化して、将来的に3.0とか呼ばれるかわかりませんが(笑い)。僕は現在の2.0に足りないことが3つあると思っています。
一つは“理念”が無いことです。たとえば、“戦争をなくしたい”など、世の中をどんな方向に導きたいか、何を変えたいのか、という理念が見当たらないのです。今は単純に楽しいとか、便利だとか、ウェブがあって良かったね、という段階で終わっています。

――ホリエモンもそうですね。

「堀江君の場合は、困っている誰かのために何かをするということが、不在だったと思います。そして、困ったことも無いのにお金儲けに走り、会社が苦しくないのに粉飾決算をしてしまった。株式会社の誕生は、困ったことが発生し、それを解決するためには大金が必要なので、大金を分割して多数の人に金を出してもらう。解決したら、困っていた人がその利用料などを払う。利用料が入ってきたら出資者に還元するというものです。だから堀江君も、困っている事から紐解けば、あんなことにはならなかったと思います」

――理念以外で足りないのはなんですか。

「管理を放棄しているところがあること。『ユーザーが決めているからいいじゃん』みたいになっていて、カキコミや映像などがそのまま掲載しっぱなしなんです。新聞などのメディアは、対立する両方の意見を掲載したり、変な投稿は掲載しなかったりしますが、ネットでは一方的なカキコミが、審査もなしにそのまま載ります。すると、何も知らない人がそれを読んで、その通りだと思ってしまう。子供達には見せられないものも多い。
情報について僕達は緩やかな管理をします。ユーザーに全ては任せません」

―それにしても、ウェブ2.0といえばグーグルだけが思い浮かんでしまいます。

「3つ目の欠陥が、独自のお金儲けのアイディアが無いこと。2.0がこのまま進めば、儲かるのはグーグルとアマゾンだけだと言われています。大手ポータルサイトもグーグルの成功モデルを追う形になっていて、広告システムではグーグルのアドワーズ、アドセンスを真似たものを指向している。結局、先行者メリットもあって、このままではグーグルに追い付けない。ポータルサイトの検索エンジンも、グーグルの技術をベースにしたり相乗りしたりしている。それは、グーグル中心にインターネット世界が回っていく事を意味していて、利益がグーグルに集中する可能性も大きいんです。これをどうすべきか。もっと議論していくべきだと思うんです」

――兼元さんの著書に「グーグルを超える日」があります。オウケイウェイヴのシステム、理念を世界的に広げることによって、現在のウェブ世界をどう変えていきたいですか。

「先にあげた問題点と関連しますが、当社の理念は“世界平和”です。世界の人と人を、信頼と満足で繋いでいこうと。これからは、心がパワーを持つ時代になっていくのは間違いないんです。つまりは当社のQ&Aビジネスモデルが根底です。“ありがとうから生まれるコミュニケーション”と表現してきましたが、これをてらいなく言うと“愛”なんです。新興宗教っぽいとか言われますが(笑い)。
“独自のお金儲け”では、当社の場合Q&Aサイトで、車でも建築でも法律でも、あらゆる分野における知識の抽出が可能なインフラができつつあります。それを使ったコンシェリジェ(ホテルなどで客の要望を受けエスコートする役)ビジネスができないかと。例えば好みの時計を買えなくて困っている人がいて、そのことをネットで書くと、情報を見たユーザーや業者から商品の紹介や、プレゼンが入ってくるような仕組みです。個人と企業や団体、個人と個人など全てを結び、いずれのポジションからもこの仕組みに参加できるようにします」

――さて、事業の将来ビジョンを教えてください。

「僕達が2010年までに目指しているのが、世界100カ国20言語でQ&Aサービスを提供し、10億人、10万社に使ってもらいたいというものです。そして、2006年内にはアメリカ、中国、韓国に進出する予定です。

国内では、これから当社のQ&A サイトの仕組みを応用したソフトウェアのFAQ作成、管理できるツール「OKWave Quick-A(クイック・エー)」の販売や、Q&Aサイトをサポートサービスに活用いただく「OKWave Support Through(サポートスルー)」などを、これまでの直販に加え、代理店販売にも注力して拡販させていきます。また、自社サイト「OKWave」などに、これまで手付かずだった広告媒体を、オリジナルで展開していきます」

(兼元社長のインタビュー詳細はこちら)


【株式会社オウケイウェイヴ】

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」は、NTTレゾナントの「教えて!goo」など約40社のサイトと連携し事業規模と知名度を拡大。「OKWave」には約55万人の会員を抱える。同社の掲げるミッションは「世界中の人と人を信頼と満足で結ぶこと」。

兼元謙任(かねもと・かねとう)プロフィール

1966年愛知県名古屋市生まれ。1989年愛知県立芸術大芸術卒、ジイケイ京都入社。92年ダイワ入社。99年7月有限会社オーケーウェブ設立。2000年1月にQ&Aコミュニティーサイト「OKWeb Community」(現OKWave)公開。同年2月株式会社化し社長。2006年1月にオウケイウェイヴに商号変更。同6月に名証セントレックスに株式上場。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中