絶滅危惧ランをネットで密売 3中国人逮捕

印刷

ワシントン条約で絶滅危惧種に指定され、商取引が禁止されているラン科の「パフィオペディルム」を密輸入し販売していたとして、警視庁は2006年10月11日、中国人留学生3人を「種の保存法」違反の容疑で逮捕した。中国から密輸してインターネットオークションに出品し、1株数千円で延べ約20人に販売したとされる。「パフィオペディルム」は1株100万円以上の高値で売買されることもあるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中