「やわらか戦車」って何だ? NHKも取材にやってきた

印刷

   ライブドア発のアニメーション「やわらか戦車」が大人気だ。戦車には似合わないプヨプヨの体と、蚊に刺されただけでも「退却~!」と叫んで逃走してしまう「弱いキャラ」が受け、関連グッズも次々に発売されている。ついには「アニメの聖地」秋葉原で「オフ会」も開かれ、多くのアニメファンが詰めかけ、NHKも取材に来るほどの注目度の高さだった。

   同作品は05年12月に1作目が公開され、現在は7作目まで無料で配信されている。1話当たりの時間は1分から7分。「フラッシュ」というソフトウェアを使って、作家の「ラレコ」さんがひとりで制作している。

月間のページビューは650万に達する

「オフ会」には、大勢のファンが詰めかけた
「オフ会」には、大勢のファンが詰めかけた

   何かあると、すぐに「生き延びたい、生き延びたい」とコミカルに退却する様子が人気を集め、関連サイトを含めると、月間のページビューは650万に及ぶ。関連グッズも、この夏から約20社からTシャツやぬいぐるみ、本、ケータイストラップなどが発売され、06年度で10億円の売り上げを見込んでいる。

   そんな中、06年10月22日には、東京・秋葉原で「オフ会」が行われ、約120人が詰めかけた。これまでに公開されている作品の上映、関連グッズの紹介、新作である8作目の先行上映などが約1時間にわたって行われた。マスコミも、少なくとも10人以上が取材を行い、イベントへの注目度の高さがうかがわれた。特にNHKのクルーは、観客や主催者にインタビューを行うという念の入れようだった。

   10月24日には、新作である8作目の公開が予定されており、やわらか戦車の「退却」の勢いは衰えそうもない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中