ポルノ画像リンクで「逮捕」 検索エンジンも危ない!

印刷

   ポルノ画像が掲載されたサイトへのリンクを張ったとして、会社員ら2名が児童買春・ポルノ禁止法違反(児童ポルノ公然陳列ほう助)の容疑で逮捕された。起訴されたという報道もある。リンクを張っただけで実際に起訴されるのは異例中の異例で、インターネット界を激震させる「非常事態」にまで発展しそうだ。

   大阪府警は2007年5月8日までに、ポルノ画像を掲載したサイトのURL(アドレス)を紹介したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童ポルノ公然陳列ほう助)の容疑で会社員と自営業の2名を逮捕した。新聞各紙の報道によれば、この2人はさまざまなポルノ画像を紹介する会員制サイトを03年に開設。これまでに会員費で1,000万円以上を稼いでいた。調べによれば、児童ポルノ画像が掲載されたほかのサイトのURLを会員に紹介した疑いがもたれているという。

リンクというのは「参照」でしかない、はずだった

   さらに、朝日新聞

「2人は『他人のサイトのアドレス紹介だけなら罪にならないと思った』と供述しているが、府警はアドレス紹介がポルノ画像の公開とみなされると判断した。大阪地検は7日までに、2人を同法違反(児童ポルノ公然陳列)罪で起訴した」(5月8日電子版)

と報じており、さらに産経新聞読売新聞もそれぞれ、この2名が大阪地検によってすでに起訴されたと報じている。どうやら、サイトにリンクを張ることで逮捕・起訴されるという未曾有の事態にまで発展している模様だ。

   ネット犯罪に詳しい紀藤正樹弁護士J-CASTニュースの取材に対し、

「リンクを張ることで逮捕されるのは96年9月の広島県警のときにもあったが、結局、不起訴とされた。単なるリンクである場合だと処罰されるのは難しい。というのも、リンクというのは『参照』でしかないというのが国の見解で、これが動くとは考えにくいからだ」

と答える。

   紀藤弁護士は今回の逮捕・起訴については「単なるリンクじゃなくて、画像リンクではないか」と首をかしげる。しかし、「単なるリンク」で起訴された場合、ネット世界には大きな衝撃を与えそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中