捜査資料に暴力団員「愛人」? 女優ブログが「炎上」

印刷

   官公庁でもファイル交換ソフト「ウィニー」による情報流出が後を絶たないが、今度は警察官の私物PCからだ。今回流出したのは、警視庁による実際の捜査資料で、暴力団やその関係者の資料が含まれていた。その中に現役のタレントの名前があったため騒ぎは拡大、名前を取りざたされた女優のブログは炎上し、コメント欄を閉鎖することになってしまった。

読売巨人軍コーチが、フロント企業の取締役?!

名簿には「情婦関係」という記述も
名簿には「情婦関係」という記述も

   今回流出させてしまったのは、警視庁北沢署地域課の巡査長(26)。警視庁は2007年6月12日夜に流出を確認したといい、翌13日に各紙がいっせいに報じた。

   朝日新聞によると、同僚が所有する外付けのハードディスクから、わいせつ画像をコピーしたのが流出のきっかけで、ハードディスクの内容(1.6GB分)が丸々流出した可能性もあるという。流出した文書は、実に1万点。その中でも最も注目されているのが、約880人の名前が記されたエクセルのファイルだ。

   指定暴力団山口組傘下の暴力団関係者の名簿と見られ、ファイルが更新された時期からすると、01年9月以前の情報と見られる。住所や生年月日など多数の項目があるが、「地位」という項目には「舎弟」「若頭」「破門」「離脱者」といった、いかにも暴力団関係らしい記述がみられる。
   また、「関係」という分類もあり、その中には「組織関係」「組長親族」「政治結社」「総会屋」といった記述も確認できる。

   ある読売巨人軍のコーチは、フロント企業の取締役として記載されている。さらに「情婦関係」と分類され、備考欄に「後藤忠正、タレント」と書かれている人が3人確認できる。「後藤忠正」とは山口組系暴力団の組長のことで、普通に解釈すれば、この3人は「組長の愛人」だと警察が解釈していた、と読める。すぐに2ちゃんねるなどのネット上では大騒ぎになり、「まとめサイト」も多数作られ、ファイルの内容が急速に拡散していった。

   この3人は、元グラビアアイドルで女優のKさん(27)、元レースクイーンで深夜番組「ワンダフル」のアシスタントとして活躍していたSさん(31)、声優のMさん(28)。

所属事務所は「コメントできない」

   この中で最も騒ぎに巻き込まれているといえそうなのがKさん。Kさんは、00年には女優の三田佳子さんの二男が自宅地下室で開いた「覚せい剤パーティー」に参加していたと報じられたほか(本人は「カラオケをしていただけ」と釈明)、01年に発表した手記では、一時期睡眠薬に頼っていたことや15歳での初体験を告白するなど、奔放さが目立っていた。

   このような事情もあって、流出発覚直後からKさんのブログには、

「情婦なんですか?」
「ご愁傷様」

といった声が殺到。Kさんは6月13日18時過ぎには、炎上状態に気づかずブログを更新したが、炎上に気づいたのか、ほどなくコメント欄は閉鎖された。

   このような事態を、Kさん側はどのように受け止めているのだろうか。J-CASTニュースでは、所属事務所にコンタクトを試みたが、

「担当者がいないのでコメントできない」

との話すのみだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中